【泣ける話】18歳の回天特攻隊員の遺書


戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。母親に宛てた手紙という形になっています。
(スポンサードリンク)

戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。
その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。
この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。
母親に宛てた手紙という形になっています。

(スポンサードリンク)

「18歳の回天特攻隊員の遺書」

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。
胸は日本晴れ。
本当ですよお母さん。少しも怖くない。
しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。
それは、今日私が戦死した通知が届く。
お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。
弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。
こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。
しかしお母さん。
考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。
戦争はこの日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。
母さん。
今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。
だからね。お母さん。
今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。
でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。
お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。
私が一番怖いのは、母さんの涙です。

自分の死を覚悟している彼らは屈託のない笑顔で写真に写っています。
私たちは尊い命の犠牲の上で平和を享受していることを忘れてはいけませんね。

あなたはこの遺書を見て何を感じたでしょうか。

【全国高校野球100回記念】あのダンスで有名な3つの高校のダンス部がダンスバトル!!キレッキレでカッコいい!


こちらは、夏の甲子園を主催する朝日新聞社が制作した「第100回全国高校野球選手権記念大会」のCM。

ダンスを踊っているのは、同志社香里高校・大阪府立今宮高校・大阪府立登美丘高校の3校のダンス部。
(スポンサードリンク)


高校球児たちへエールを送っています。
動画には「今年も熱い夏を期待してます」
「すごい良い動画」などの旨のコメントが寄せられています。

今年の夏は異常に暑いけど100回記念のダンスはキレキレで
この暑さにも負けないぐらい本当にカッコいいですね♪

長年札幌ドームでグラウンドキーパーとして活躍した女性の退職日。選手たちからの感動のサプライズに涙


試合前にグラウンドを平らにしたり、ラインを引いたりして、選手たちが安全に、
最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えるグラウンドキーパー。

この日は、長年札幌ドームでグラウンドキーパーをやってきた、
工藤さんの最後の仕事の日。
(スポンサードリンク)


選手から素敵なサプライズが用意されていました。

【ライフハック】超簡単にできるエアコン室外機の冷却方法が話題に! 「凄く冷えるようになった!」の声

バケツとタオルでエアコンの室外機を冷却することで、エアコンの効きを良くする方法がTwitterで話題になっています。この方法には「すごく冷えるようになった」「これは素晴らしいアイディア」「凄く効果がありました!ありがとうございました」などのコメントが寄せられています。動画では、バケツに水を入れるだけでなく、ドレン排水をそのままバケツに入るようにして、バケツ内の水が減るのを遅くしています。

(スポンサードリンク)

1人のファンとしてパパラッチを行い、安室さんと2ショットを撮ることができるか…という企画に挑戦することになりました。

 

安室奈美恵に対するイモトの『ファン精神』に称賛の声が続出

嫌だー!もっともパパラッチしたくない相手です!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

小学5年生のころから憧れている安室さんにパパラッチをすることに対し、激しい嫌悪感を示すイモトさん。

「最後の最後に嫌われたくない!でもツーショットは欲しい!」というジレンマに悩まされつつ、企画を行うことになりました。

 

しかし、まずは台北松山空港で夜の8時に出待ちをすることになるも、ファンやマスコミにもみくちゃにされ、まったく安室さんに近づけません。

 

そこで、ディレクターが今後の予定として「リハーサルの出待ちをやります。あと、宿泊しているホテルも入手してます」というと…。

バカ野郎!重々マナーだけは守っていこうね。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

宿泊先というプライベートな情報を持ち出したスタッフに、真顔で叱咤!

ファンとして、アーティストの宿泊先に突撃するのはマナー違反です。イモトさんは断固拒否する姿勢を示しました。

ライブ前、会場で出待ちをすることになるも…

ライブ当日、会場前で安室さんの乗る車を待つことになったイモトさん。しかし、いつもとは異なり落ち着かない様子です。

 

スタッフが「いつものパパラッチと違うじゃん」と声をかけると、イモトさんは真剣な表情でこういいました。

無理だよ!だって好きなんだもん!大好きな人に嫌われたくないもん!

私、アーティストの気持ちは分かんないですけど、やっぱライブ前ってさ、ちょっとこう、気持ちがナーバスになってるわけじゃん。

終わった後ならいいけどさ、ただやっぱライブ前をさ、追われるとさ、嫌だと思うよ。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

「大好きな安室ちゃんに嫌われたくない」「好きな人を不快にさせたくない」という気持ちになり、企画に集中できないようです。

そこで、パパラッチを頑なに拒否するイモトさんにスタッフが持ち出したのは、『チケットチャレンジファイナル』。

『ヒップスライディング』という試練を乗り越えた結果、イモトさんは翌日のライブのチケットを入手することができました。

そして翌日、イモトさんは安室さんのライブに参加することに。数時間後に会場から出てきたイモトさんは、スタッフにこういいます。

「あなたのファンになれて本当に私は幸せでした」って、心から思いました。

ありがとう、安室ちゃん!25年間ありがとうございました!本当に!

ただ、もう生で見ることができないっていうのも、みんな現実を受け入れられないファンのかたもいっぱいいて、私の前のファンのかたなんて、もうずっとこんな感じで(タオルで顔を隠しながら)ずっと泣かれてたもん。

もうやっぱり分かってても、受け止めなきゃいけないんだけど、受け止められないんだよ。

私も笑顔になろうと思ったんだけど、なかなかやっぱ、「はぁ」ってなったな、やっぱ最後も。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

ひたすら熱く語りながら、泣きそうな表情をするイモトさん。

ライブが楽しすぎるあまり、本来の目的であるツーショットのことは忘れてしまったようです。

そして、『ただのファン』としてツーショットを撮るという今回の企画は、失敗に終わってしまったことを宣言しました。

 

イモト、憧れの『安室ちゃん』とサプライズで対面!

企画を断念したイモトさんは、『次の企画』としてスタッフに連れられ、ヘビ料理を提供する店に到着。

「400回のロケの中で一番楽しかったロケでした!」「楽しかったよ!」といい、絶叫しながらヘビ料理を食べていました。

 

その時、お茶を運んできたのは、なんと店員に扮した安室さん!

帰国日を1日延ばし、イモトさんに会いに来てくれたのです。

 

そのことを知らなかったイモトさんは椅子から立ち上がり、凄まじいスピードであとずさりました。

つい先ほどまで早口で安室さんへの愛を語っていたにもかかわらず、出てきた言葉はひと言でした。

どうしよう…すごく、すごく大好きです!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

イモトの姿に、多くの人から「分かる」「素晴らしい!」の声

ファンとして憧れのアーティストを想い、断固としてパパラッチ行為を

拒否したイモトさんの姿は、多くの人の心を打ちました。

 

ネット上では視聴者から、イモトさんの言動を称賛する声や、

ファン心理に同意する声が多数上がっています。

 

・イモトを見ていて、「ファンはこうでないとね」と思った。

・結局、パパラッチも出待ちもしなかったし、イモト偉いぞ!

・自分は別に安室ちゃんファンじゃないのに、見ていて涙が出ました…。

・本人を前にすると言葉が「大好き」しか出てこないの、すごくリアルだなあと思った。

・どのジャンルでもいえることですよね。マナーを守って楽しむのが一番です!

2018年9月16日をもって引退することを発表している、安室さん。25年もの間、彼女の歌声によって多くの人が元気付けられてきたことでしょう。

そして、その中の1人であるイモトさんも、つらい時やロケが大変な時、何度も励まされてきたといいます。

まさに『ファンの鑑』といえるイモトさんの姿は、安室さんに限らず、いろいろな層のファンに響いたはずです。

「自分だけは」と身勝手な振る舞いをするのではなく、一番に『好きな人』のことを思って、1人1人が素敵なファンでいたいですね。

 

イモトさんが今までロケした中で『安室ちゃん愛』を熱く語っているイモトさんをまとめたVTRを

安室さんが見て泣いている瞬間はこの2人の関係って素敵だなと思いついついもらい泣きしてしまいました。

 
(スポンサードリンク)

【感動】目の見えないゾウに美しいピアノ演奏を聴かせたら、感動的な反応をした!


タイのエレファント・ワールドに住むゾウのラムダン(黄色の花の木の意味)に
バッハの楽曲をピアノ演奏して聴かせた動画。

ラムダンは静かに音楽に聞き入り、身体を揺らします。
ゾウにも音楽がわかるのでしょうか?

(スポンサードリンク)


動画には「バッハの作品に揺れ動く巨大な美しい生き物が胸を打つ」

「ゾウはとても賢い動物だから音楽もわかるんだね」などの
コメントが寄せられています。

「裏庭のフェンスは、犬と少年が友情を育むのを止めることは出来なかった」という映像が世界中で話題に!

アメリカ・ミネソタ州のお宅の裏庭で撮影された映像。
裏庭のフェンス越しにボールを投げる2歳の少年。

すると、フェンスの向こう側から犬がボールを渡してきます。

映像を撮影したお父さんは、「最も単純な形で純粋な幸福」とコメントしています。

映像には「賢い犬だね!」「何回も見てしまった!」などのコメントが寄せられています。
(スポンサードリンク)


映像は世界中で拡散され、たった2日間で1,000万回以上再生されたといいます。とても癒される映像です^^

【話題】ミニーちゃんのキレのある反撃が話題に!!「たった2秒なのに無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」ミニーちゃん最高♪♪の声


ディズニーランドで撮影された映像。
ミニーちゃんが水鉄砲で素早い反撃をします。

たった2秒の動画なのにスゴイと話題です。

動画には「無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」などの声が寄せられています。
(スポンサードリンク)


本当にとてもキレのある動き。頼りになる彼女ですね^^

約90年前の京都の音声付き映像がすごい!クリアな音声で、まるで昨日のことのような臨場感!

こちらは、初期のサウンドカメラで撮影されたという1929年の京都の映像。

クリアな音声で、当時の様子が臨場感たっぷりで堪能できます。

 

動画には「時間の重みに感動する」「とても素敵なビデオだ」など、

海外からもコメントが寄せられています。

 

ここまでクリアな音質で録音されている映像は初めて観ました。

当時にタイムスリップした気持ちになれますね^^
(スポンサードリンク)

【戦争感動実話秘話】最強の日本兵と戦い勝利した敵兵の涙


元グルカ兵(ネパール人)の証言

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で
一週間不眠不休で戦わされ、我々も半数以上が戦死した。
(スポンサードリンク)


 

これだけの死闘は初めてで、
勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。

玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた。
日本軍は貧弱な武器なうえ食料も、
わずかな米しかなく、
日本軍の死体はみんなやせ細っていた。

戦友が死んだ時には泣かなかったが、
敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。
(スポンサードリンク)