カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

【奇跡】甲子園の閉会式中に大きな虹が!さらに同時に秋田でも虹が掛かり「奇跡だ」と話題に!

2018年8月21日、甲子園決勝は大阪桐蔭高校(大阪)が金足農業高校(秋田)に13-2で勝ち、幕を閉じました。そんな中、閉会式の途中、球場近くに大きな虹がかかったと話題になっています。これだけでも凄いことですが、同時刻、秋田市にも虹がかかっていたのです。それはまるで、2校の健闘を讃えるかのような景色でした。
(スポンサードリンク)

本当に奇跡の瞬間とはこの事ですね♪

 

【全国高校野球100回記念】あのダンスで有名な3つの高校のダンス部がダンスバトル!!キレッキレでカッコいい!


こちらは、夏の甲子園を主催する朝日新聞社が制作した「第100回全国高校野球選手権記念大会」のCM。

ダンスを踊っているのは、同志社香里高校・大阪府立今宮高校・大阪府立登美丘高校の3校のダンス部。
(スポンサードリンク)


高校球児たちへエールを送っています。
動画には「今年も熱い夏を期待してます」
「すごい良い動画」などの旨のコメントが寄せられています。

今年の夏は異常に暑いけど100回記念のダンスはキレキレで
この暑さにも負けないぐらい本当にカッコいいですね♪

【W杯 サッカー特集】カズが「KING」と呼ばれる理由

Jリーグ初代MVPであり、常に日本サッカーを引っ張ってきた”KING・カズ”こと三浦知良。48歳でも現役で活躍している姿は精神的にも肉体的にも人間離れしています。
カズはなぜ48歳となった今でもまだ現役を続けていられるのか?そしてカズが”KING”と言われ続ける所以について少しでも核心に近づける様な記事があったので紹介。
(スポンサードリンク)


もともと”KING”と呼ばれるようになった理由は、ドーハの悲劇で知られるアメリカW杯・アジア最終予選(93年)、北朝鮮戦でゴールを決めたカズに対し、中東のメディアが大きな見出しで「KING KAZU」と報じたことからです。日本メディアもそれに乗っかって、カズの事を「キング・カズ」と言い出しました。

しかし、私たちがキングと呼び続けるのには、カズの生い立ちや言動、後ろ姿をみて最大の尊敬の意を評して呼んでいるところが大きい。そんな事を思い知らされる様なコラムです。

サッカー少年。
一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」。ブラジルで、プロサッカー選手になることが、少年の夢だった。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ね、18歳でプロ契約を勝ち取った。

そして、ブラジルNo.1のサッカー雑誌の表示を飾った。

そして、青年は日本に帰国することを決意した。

次なる夢は、日本をワールドカップに連れて行くこと。

93年に開幕したJリーグ。

青年は、時代の寵児となった。

Jリーグの初代MVPは、青年の名前が刻まれた。

彼は、こう思っていた。
(スポンサードリンク)

思い切りサッカーをして、30歳過ぎたら頂点で引退しようと。

94年のアメリカ・ワールドカップ予選、エースとして参加した青年だったが、ドーハの悲劇と呼ばれる、ロスタイムの失点で、日本の初出場を逃した。

青年はその後、ワールドカップに行くための何かを掴むため、日本人で初めて、セリエAに移籍した。

そして、98年のフランス・ワールドカップ予選。

苦しみながら日本は、ワールドカップの出場を決めた。

気がつくと、彼は31歳になっていた。

彼のワールドカップ予選の総得点は、27になった。

だが、ワールドカップ本選の代表に、彼の名前は記されていなかった。

記者会見で、こう話した。

「日本代表としての誇りは、向こう(フランス)に置いてきた。」

その年、チームから戦力外通告を受けた。

彼は、一人考えた。

「誰も、自分の知らないところへ行きたい。」

そして、彼はクロアチアに行くことを決めた。

練習初日、彼の眼に一人の選手が映った。

その動きを見て、「売り出し中の若手かな?」と思った。

しかし、その選手は大ベテランの選手だった。

彼の名は、ゴラン・ユーリッチ。

クロアチアを代表する、名DFだ。

自分より年上の選手が、誰よりも懸命に、誰よりも誇らしくプレーしていた。
こんな質問をしてみた。

「どうして、そこまでやれるのか?」

ゴランは言った。

「サッカー選手とは、年齢に関係なく、常に成長するものだ。低落など存在しない。」

彼は思った。

「どこまでも、走り続けよう。」

2010年、彼はJリーグの最年長出場記録と最年長得点記録を更新した。

ブラジル、日本、クロアチア、オーストラリア。

様々な国でプレーし続け、夢を与え続ける彼に、日本人は尊敬を込めて、彼を「KING」と読んだ。

彼の名前は、三浦知良。

日本サッカーのパイオニアの名だ。

ある雑誌の企画で、ゴラン・ユーリッチから三浦知良に手紙が届けられた。

その中で、ゴランは、三浦知良に1番言いたかったことがあったという。

「日本のマスコミほどには、カズがフランスW杯に行かなかった理由を知らないけれど、その事実は聞いていた。

カズは「監督に呼ばれなかっただけだ」と言っていたけど、その取り乱さない、事態を真摯に受け入れる姿勢に感動したよ。

日本のW杯進出に大きく貢献したのはカズだっていうのに、それでもカズは、派手に抗議することもなかったんだよな。

男だよ。

それでこそ偉大なプレイヤーってもんだ。

ところでカズと俺はその後再びノゴメット(サッカー)のおかげで再会することになる。

今度はJリーグ。

俺は横浜F・マリノス、カズは京都にいたんだよな。

アウェーの京都戦では3-1で勝ったけど、1点を決めたのはカズだった。

カズ、これだけは言わせてくれ。

俺は日本に行ってはじめて、カズという名前が何を意味するのか、カズとはいったい何者なのかがわかったんだ。」引用元:涙が止まらない

心から尊敬します!!
私たちのアイドルであり、先生”KING・カズ”。
(スポンサードリンク)

「大迫半端ないって!」で話題の中西隆裕って○○〇に就職したの?

今なおサッカー界に残る伝説の名言「半端ないって」を残した中西隆裕さん!中西隆裕さんにとっては何が半端なかったのでしょうか?さらに現在中西隆裕さんは大手銀行に就職したと言われています、サッカーは引退してしまったのでしょうか?現在の姿に迫ります。

 

(スポンサードリンク)

 

高校サッカーで今なお語り継がれる男・中西隆裕!

第87回高校サッカー選手権の準々決勝で敗北した滝川第二高校のキャプテン・中西隆裕さんが今回スポットを当てたい相手です。まさに高校サッカー界に名を刻んだ選手でした。

中西隆裕 (なかにし たかひろ) ■プロフィール DF 滝川二高校3年(主将) 90年7月11日生まれ 177cm,68kg ■特徴 U-18JFA選抜のCB。対人プレーの強さ光るDFは同校主将も務める

中西隆裕さんが所属していた滝川第二高校は言わずと知れたサッカーの名門高ですが中西隆裕さんが準々決勝で対峙した鹿児島城西高校にはあの選手がいました。

日本代表・大迫勇也選手!
そうです、鹿児島城西高校には現日本代表で海外でプレーしている大迫勇也選手がいたのです。

高校時代から類希な才覚を発揮していた大迫勇也選手は中西隆裕さんに勝利した大会では得点王として10得点もあげていました。

(スポンサードリンク)

 

 

そんな大迫勇也選手引き入り鹿児島城西高校に負けた際のインタビューで中西隆裕さんが語った言葉が今でも伝説になっています。

中西隆裕が叫んだ!「半端ないって!」

中西隆裕さんが放った言葉は「大迫!半端ないって」と涙ながらに叫びました!半端ないのは大迫勇也選手の事だったんですね。

 

中西隆裕さんのこの言葉から大迫勇也選手はどれほど凄いんだと話題になり元々注目されてはいましたが宣伝効果はばっちりでしたね。

 

現在でも語り継がれるこの言葉を残した中西隆裕さんは現在何をしているのでしょうか?噂では大手銀行に就職したという事ですが。

中西隆裕の現在!中西隆裕は三井住友銀行に就職?

中西隆裕さんの残した「半端ないって」は現在Tシャツにもなっています!著作権は中西隆裕さんに入るのか気になる所ですね。

 

中西隆裕さんの半端ないってTシャツは人気がありすぎて品薄になる時もあるんだとか。

 

中西隆裕さんは高校卒業後は大学サッカーの名門・関西大学に進学して大学でもサッカーを続けていました。大学進学した時は「半端ないの人じゃない?」とかなりイジられたそうですね。

 

現在は大学も卒業してプロに進んでいてもおかしくはないですが何と現在の中西隆裕さんは銀行に就職していました。

 

噂ですが中西隆裕さんの勤めている銀行は「三井住友銀行」で三井住友銀行の岡山支店で働いていると言われています。

中西隆裕さんは銀行の中でも営業職に就いて現在も頑張っています!以前日本代表でに選ばれた大迫勇也選手に応援メッセージを送った事もありましたね。

 意外な“戦友”からのエールも届いた。滝川二高出身の中西隆裕さん(23=会社員)は第87回高校選手権準々決勝で大迫を擁する鹿児島城西に完敗。試合後のロッカールームで号泣しながら「大迫、半端ないって」と叫ぶ姿が話題を呼んだ。その動画のYou Tube再生回数は450万回を超え、一部ファンの間では、ちょっとした有名人。プロ入り後の大迫の活躍に注視しており「日本代表でも半端ないプレーを見せてほしいですね」と活躍を期待した。

中西隆裕さんは高校では名門の主将を務め大学も強豪にはいったにも関わらず何故サッカーをやめてしまったのでしょうか?最後に気になる引退理由を調べてみました。

中西隆裕がサッカーをやめた理由!プロのレベルではなかった?

中西隆裕さんはJFAU-18選抜にも選ばれた程の確かなサッカーの実力者でしたが何故プロに進まず銀行で就職する道を選んだのでしょうか?

 

中西隆裕さんは大学までサッカー1筋できました、しかし大学のトップチームでは中々出場機会に恵まれなかったといいます。

そんな折に真剣に自分の将来を考えた時にサッカーではなく就職してサラリーマンとして生きていく道を選んだと中西隆裕さんは語っていました。

中西隆裕さんは大学でサッカーをやりきったといっており、引退した事に悔いはない!と言っていました。

 

大学3年生の時にサッカー部から「サッカーを続けるのか?就職するのか?」と聞かれた時に中西隆裕さんは「就職します」と答えたと話しています。

 

大迫勇也選手と一緒に活躍する姿も見たかったですが仕方が無いですよね、中西隆裕さんのTシャツだけは大迫勇也選手と共に世界の舞台まで行っていました、中西隆裕さんも自分の放った言葉がここまでの影響が出るとは思わなかったでしょう。

まとめ:中西隆裕の現在は銀行員!最後は名言を動画でご覧下さい。

(スポンサードリンク)

世界のイチロー選手のグッとくる名言集

努力の天才といわれるイチロー選手。

数々の記録を塗り替えてもなお、ストイックに野球と向き合う姿勢に

憧れや尊敬の念を抱く人も多いかもしれません。

目標を見失ったり、夢を諦めかけたときに思い出したいイチロー選手の名言をまとめました。

(スポンサードリンク)


 

イチローの名言「自分」編

「誰よりも自分が(自分の活躍に)期待しています。自信がなければこの場にいません。プレッシャーがかかる選手であることが誇りです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「なにかを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある」
イチロー
オススメ度★★★★★

「なりふりかまわないで自分の行きたい道を進むこと」
イチロー
オススメ度★★★★★

「ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。自分にとって最も大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「パワーは要らないと思います。それより大事なのは 自分の『形』を持っているかどうかです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「決して、人が求める理想を求めません。人が笑ってほしいときに笑いません。自分が笑いたいから笑います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分を客観的に見て、やるべきことをやります。それは、どんなときにも変わらないものなのです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「特別なことをするためには普段の自分でいられることが大事です」
イチロー
オススメ度★★★★★

「練習で100%自分を作らないと打席に立つことは出来ません。自分の形を身に付けておかないと、どん底まで突き落とされます」
イチロー
オススメ度★★★★★

「チームに乗せてもらうことはありますが、そういう時は少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです」
イチロー
オススメ度★★★★

「チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません」
イチロー
オススメ度★★★★

「僕は天才ではありません。 なぜかというと自分が、 どうしてヒットを打てるかを 説明できるからです」
イチロー
オススメ度★★★★

イチローの名言「他人」編
「自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。まして上から色々言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「驚かれているならまだまだです。驚かれないようになりたいです」
イチロー
オススメ度★★★★

「自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって自分が惑わされたくないのです」
イチロー
オススメ度★★★★

「人のアドバイスを聞いているようではどんどん悪いほうにいきます。周りは前のフォームがどうだったとか言いますが実はそんなことはたいしたことではないのです。精神的なものが大きいと思います。どうやって気分を替えるかとかそういうことが大事です」
イチロー
オススメ度★★★★

「相手が変えようとしてくるときに、自分も変わろうとすること、これが一番怖いと思います」
イチロー
オススメ度★★★★

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい」
イチロー
オススメ度★★★★

「僕は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにも、いい成績を残したかった」
イチロー
オススメ度★★★★

(スポンサードリンク)

イチローの名言「思考」編

「(打率ではなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考えるのです。そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね」
イチロー
オススメ度★★★★★

「グラウンドの上では自分の築きあげてきた技術に対する自信。今までやってきたことに対する自信。『やりたい』と思う強い気持ちが支えになります」
イチロー
オススメ度★★★★★

「ぼくのプレイヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては測れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、すべてはバランスと考えています」
イチロー
オススメ度★★★★★

「まず自分の好きなことを見つける。そうすれば、自分を磨けるし、先へ進める」
イチロー
オススメ度★★★★★

「メンタルな部分が及ぼす肉体への影響は、とてつもなく大きい」
イチロー
オススメ度★★★★★

「何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分自身が何をしたいのかを忘れてはいけません」
イチロー
オススメ度★★★★★

「重圧がかかる選手であることは誇りに思う」
イチロー
オススメ度★★★★★

「少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事」
イチロー
オススメ度★★★★★

「常に、先の事を予測する習慣をつけることが大事」
イチロー
オススメ度★★★★★

「妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない」
イチロー
オススメ度★★★★★

「同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで全然結果は違ってくるわけです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「本物でないものはすぐに見破られます」
イチロー
オススメ度★★★★★

「グラブはもちろん身体の一部だと考えています。外野手だから長いグラブを使っているのですが、指先まで神経が通らないと、感覚が麻痺してボールが捕れない。グラブの先まで感じられるグラブでないとイヤです」
イチロー
オススメ度★★★★

「バットの木は 自然が何十年も掛けて育てています。僕のバットはこの自然の木から手作りで作られています。グローブも手作りの製品です。一度バットを投げた時、 非常に嫌な気持ちになりました。自然を大切にし、 作ってくれた人の気持ちを考えて 僕はバットを投げることも地面に叩きつけることもしません。プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです」
イチロー
オススメ度★★★★

「汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます」
イチロー
オススメ度★★★★

「『楽しんでやれ』とよく言われますが、ぼくにはその意味がわかりません」
イチロー
オススメ度★★★★

「気持ちが落ちてしまうと、 それを肉体でカバーできませんが、 その逆はいくらでもあります」
イチロー
オススメ度★★★★

「考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります」
イチロー
オススメ度★★★★

「今、自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず」
イチロー
オススメ度★★★★

「試合後はロッカーや車の中で気持ちの整理をします。いい結果も、悪い結果も家には持ちかえりません」
イチロー
オススメ度★★★★

「自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない」
イチロー
オススメ度★★★★

「前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む」
イチロー
オススメ度★★★★

 

イチローの名言「行動」編

「びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレーを確実にこなせるチームは強いと思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています」
イチロー
オススメ度★★★★★

「準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく」
イチロー
オススメ度★★★★★

「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」
イチロー
オススメ度★★★★★

「特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする」
イチロー
オススメ度★★★★★

「僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。なぜなら、できる限りの努力をしたからです」
イチロー
オススメ度★★★★★

イチローの名言「能力」編
「キライなことを やれと言われてやれる能力は、 後でかならず生きてきます」
イチロー
オススメ度★★★★★

「期待はいくらかけてもらっても構わないんですけど、僕は僕以上の力は出せないので、自分の力を目一杯出すしかないということですね」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分の器が広がっているとは感じていません。自分の能力をどれくらい発揮できるかが変わったと思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。そう考えられるようになると、可能性が広がっていく」
イチロー
オススメ度★★★★★

「憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「僕は僕の能力を知っていますから、いくらでも先はあるんですよ。人の数字を目標にしているときというのは自分の限界より遙か手前を目指している可能性がありますけど、自分の数字を目指すというのは、常に限界への挑戦ですから」
イチロー
オススメ度★★★★★

「練習で作った形を100%としたら、70%や80%の力で結果を出さないといけません」
イチロー
オススメ度★★★★★

「自分のプレイに驚きはありません。プレイそのものは自分の力の範囲内です」
イチロー
オススメ度★★★★

「自分の限界を見てから、バットを置きたい」
イチロー
オススメ度★★★★

「手抜きをして存在できるもの 成立することがおかしい」
イチロー
オススメ度★★★★

イチローの名言「目標」編
「ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね」
イチロー
オススメ度★★★★★

「しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない」
イチロー
オススメ度★★★★★

「プロ入りしたとき、2000本安打打てるようになれよとスカウトの方に声をかけてもらったことを思い出しますが、今日のことは、日づけが変わるまでには終わりたいと思います。次の目標は、次のヒットです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「ぼくが数字で満足することはあり得ません。なぜなら、数字が内容を反映しているとは限らないからです。目標を設定して、そこに到達すればそこで満足してしまって、先へ進む努力をしなくなるでしょう。毎打席、何かしら、学ぶべきこと改良すべきことがあります。満足は求めることの中にあるんです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では『次の打席が大事だ』と思っていました」
イチロー
オススメ度★★★★★

「苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが勝負の世界の醍醐味」
イチロー
オススメ度★★★★★

「結果が出ない時、どういう自分でいられるか。決して諦めない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる」
イチロー
オススメ度★★★★★

「結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは野球選手としてではなく人間をつくるために必要です」
イチロー
オススメ度★★★★★

「高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ちできればその次の目標も持っておくことです。それを省いて遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。高い所にいくには下から積み上げていかなければなりません」
イチロー
オススメ度★★★★★

「今、自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない」
イチロー
オススメ度★★★★★

「首位打者のタイトルは気にしない。順位なんて相手次第で左右されるものだから。
自分にとって大切なのは自分。だから1本1本重ねていくヒットの本数を、自分は大切にしている」
イチロー
オススメ度★★★★★

「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから」
イチロー
オススメ度★★★★★

「想像していた以上でした。間違いなく一生忘れることのできない日、そして最も特別な日になるでしょう(中略)ただ今日のことは今日で終わり、日付が変われば、また次の日のことを考えなきゃいけないと思います」
イチロー
オススメ度★★★★★

「僕が数字で満足することはあり得ません。なぜなら、数字が内容を反映しているとは限らないからです。目標を設定してそこに到達すれば、そこで満足してしまって先へ進む努力をしなくなるでしょう。毎打席何かしら学ぶべきこと改良すべきことがあります。満足は求めることの中にあるんです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「僕は決して『打率4割』とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです」
イチロー
オススメ度★★★★★

「夢は近づくと目標に変わる」
イチロー
オススメ度★★★★★

「夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること」
イチロー
オススメ度★★★★★

「夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます」
イチロー
オススメ度★★★★★

「現時点ではまったく考えられないことです。その目標は、まだ遠すぎます」
イチロー
オススメ度★★★★

「成功とはとても曖昧なものです。他人が思う成功を追いかける必要はありません」
イチロー
オススメ度★★★★

「成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない」
イチロー
オススメ度★★★★

「他人が言う成功を追いかけ始めたら何が成功か分からなくなってしまいます」
イチロー
オススメ度★★★★

「他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ」
イチロー
オススメ度★★★★

「12年間で2000本安打を達成する」
イチロー
オススメ度★★★
(スポンサードリンク)

■「全くミスなしで間違いなしでそこに辿りついたとして、深みは出ない」
「合理的な考え方は凄く嫌い」。勝手にイチローは合理的な考えにしたがってトレーニングもプレーもしていると信じていた人間からするとこの発言には少々驚かされた。「合理的な考え方」の定義が凡人と違うのかもしれない。

イチローの「合理的な考え方」の定義は、「手っ取り早く成果を出すための考え方」ということなのかもしれない。だとすると、凡人が考えている「合理的考え方」というのは、イチロー基準でいうと「ドーピング(的考え方)」ということになる。

合理性を重視していそうなイメージのイチローですが、実は、「合理的な考え方」にも一流ならではのこだわりがあるようです。

「常に人に笑われてきた悔しい歴史が僕の中にはあるので、これからもそれをクリアしていきたいという思いはもちろんあります。」
2016年6月15日(日本時間16日)、マーリンズのイチロー外野手が、パドレス戦で日米通算4257安打(日本1278本、アメリカ2979安打)を記録。ピート・ローズが持っていた4256安打の歴代最多安打記録を塗り替えた。試合後の記者会見で、記者から「(アメリカでの安打数だけでローズの記録を抜く)あと1000いくつというのをアメリカで、というのは?」と尋ねられて、これまでの道のりを振り返りつつ、こうキッパリと答えた。

小学生のときにプロ野球選手を目指していたころも、大リーグに行くときに「首位打者になってみたい」と言ったときも「笑われた」と語ったイチロー。過去を語りながらも、未来への野望を表明しています。

 

■「合理的に考えすぎてムダの生じないような進み方をしようとすると、結局近づくことすらできない」

イチロー選手は「自分はいかにムダな時間を過ごすかということを大事にしているところがある」「最初からあるべき姿に到達するのは不可能で、まずはムダな時間を経験して、そこから削ぎ落としていくことによって、ようやく自分の行きたいところに近づけるのではないかと思う」という話をしています。