カテゴリー別アーカイブ: 感動

【奇跡】甲子園の閉会式中に大きな虹が!さらに同時に秋田でも虹が掛かり「奇跡だ」と話題に!

2018年8月21日、甲子園決勝は大阪桐蔭高校(大阪)が金足農業高校(秋田)に13-2で勝ち、幕を閉じました。そんな中、閉会式の途中、球場近くに大きな虹がかかったと話題になっています。これだけでも凄いことですが、同時刻、秋田市にも虹がかかっていたのです。それはまるで、2校の健闘を讃えるかのような景色でした。
(スポンサードリンク)

本当に奇跡の瞬間とはこの事ですね♪

 

【泣ける話】18歳の回天特攻隊員の遺書


戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。母親に宛てた手紙という形になっています。
(スポンサードリンク)

戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。
その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。
この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。
母親に宛てた手紙という形になっています。

(スポンサードリンク)

「18歳の回天特攻隊員の遺書」

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。
胸は日本晴れ。
本当ですよお母さん。少しも怖くない。
しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。
それは、今日私が戦死した通知が届く。
お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。
弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。
こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。
しかしお母さん。
考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。
戦争はこの日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。
母さん。
今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。
だからね。お母さん。
今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。
でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。
お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。
私が一番怖いのは、母さんの涙です。

自分の死を覚悟している彼らは屈託のない笑顔で写真に写っています。
私たちは尊い命の犠牲の上で平和を享受していることを忘れてはいけませんね。

あなたはこの遺書を見て何を感じたでしょうか。

【全国高校野球100回記念】あのダンスで有名な3つの高校のダンス部がダンスバトル!!キレッキレでカッコいい!


こちらは、夏の甲子園を主催する朝日新聞社が制作した「第100回全国高校野球選手権記念大会」のCM。

ダンスを踊っているのは、同志社香里高校・大阪府立今宮高校・大阪府立登美丘高校の3校のダンス部。
(スポンサードリンク)


高校球児たちへエールを送っています。
動画には「今年も熱い夏を期待してます」
「すごい良い動画」などの旨のコメントが寄せられています。

今年の夏は異常に暑いけど100回記念のダンスはキレキレで
この暑さにも負けないぐらい本当にカッコいいですね♪

長年札幌ドームでグラウンドキーパーとして活躍した女性の退職日。選手たちからの感動のサプライズに涙


試合前にグラウンドを平らにしたり、ラインを引いたりして、選手たちが安全に、
最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えるグラウンドキーパー。

この日は、長年札幌ドームでグラウンドキーパーをやってきた、
工藤さんの最後の仕事の日。
(スポンサードリンク)


選手から素敵なサプライズが用意されていました。

【戦争感動実話秘話】最強の日本兵と戦い勝利した敵兵の涙


元グルカ兵(ネパール人)の証言

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で
一週間不眠不休で戦わされ、我々も半数以上が戦死した。
(スポンサードリンク)


 

これだけの死闘は初めてで、
勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。

玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた。
日本軍は貧弱な武器なうえ食料も、
わずかな米しかなく、
日本軍の死体はみんなやせ細っていた。

戦友が死んだ時には泣かなかったが、
敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。
(スポンサードリンク)

【涙腺崩壊】医師は11才の少年の遺体に深く敬礼。全世界が涙した理由とは・・・

いま世界中で報じられ、話題になっている一枚の写真があります。
手術室から運び出された11才の少年「リャン」くんの遺体に、医師たちが深々と頭を下げている冒頭の写真だ。

View post on imgur.com

リャン君は、9才の時に悪性の脳腫瘍と診断されガンと闘ってきただが、すでに助かる見込みがないほど悪化し最後の時を待つばかりとなっていた。死期の近づく中、6月6日に彼は最後の願いを口にした。
(スポンサードリンク)


その願いとは「自分の臓器を提供したい」だった。

写真は、リャン君の最後の願いを叶える臓器摘出手術を終えて運び出された、彼の『遺体と魂』に医師たちが最大限の敬意を持って、誰からともなく頭を下げている様子を写したものでした。

後日、彼の小学校の教師は取材に「教科書に掲載された物語を読んで、臓器提供のことを知ったんだろう」と語っています。リャン君の将来の夢は、医者になることだったという・・・。

臓器提供を待つドナーに対して、臓器提供者の数が圧倒的に不足している現実は世界的に変わらず、みなさんもご存知だろう。臓器提供に関しては提供者本人だけでなく、残された遺族の気持ちの問題も大きく簡単ではない。

写真の奥で泣いているのはリャン君の母親「李」さん。 リャン君の尊い行いとともに、彼の願いを叶えることを選択した彼のご家族の決断にも頭が下がる思いだ。
(スポンサードリンク)


正直に言えば、自分の子供がリャン君と同じ状況になったとしても、私はとてもその最後の願いを受け入れることはできないだろう。しかし、生前から家族とともに臓器提供の可能性について話し、理解を深めるそんな取り組みは初めてみようと思う。

人が変わるには、なにか「きっかけ」が必要なのだろうから…。

【W杯 サッカー特集】カズが「KING」と呼ばれる理由

Jリーグ初代MVPであり、常に日本サッカーを引っ張ってきた”KING・カズ”こと三浦知良。48歳でも現役で活躍している姿は精神的にも肉体的にも人間離れしています。
カズはなぜ48歳となった今でもまだ現役を続けていられるのか?そしてカズが”KING”と言われ続ける所以について少しでも核心に近づける様な記事があったので紹介。
(スポンサードリンク)


もともと”KING”と呼ばれるようになった理由は、ドーハの悲劇で知られるアメリカW杯・アジア最終予選(93年)、北朝鮮戦でゴールを決めたカズに対し、中東のメディアが大きな見出しで「KING KAZU」と報じたことからです。日本メディアもそれに乗っかって、カズの事を「キング・カズ」と言い出しました。

しかし、私たちがキングと呼び続けるのには、カズの生い立ちや言動、後ろ姿をみて最大の尊敬の意を評して呼んでいるところが大きい。そんな事を思い知らされる様なコラムです。

サッカー少年。
一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」。ブラジルで、プロサッカー選手になることが、少年の夢だった。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ね、18歳でプロ契約を勝ち取った。

そして、ブラジルNo.1のサッカー雑誌の表示を飾った。

そして、青年は日本に帰国することを決意した。

次なる夢は、日本をワールドカップに連れて行くこと。

93年に開幕したJリーグ。

青年は、時代の寵児となった。

Jリーグの初代MVPは、青年の名前が刻まれた。

彼は、こう思っていた。
(スポンサードリンク)

思い切りサッカーをして、30歳過ぎたら頂点で引退しようと。

94年のアメリカ・ワールドカップ予選、エースとして参加した青年だったが、ドーハの悲劇と呼ばれる、ロスタイムの失点で、日本の初出場を逃した。

青年はその後、ワールドカップに行くための何かを掴むため、日本人で初めて、セリエAに移籍した。

そして、98年のフランス・ワールドカップ予選。

苦しみながら日本は、ワールドカップの出場を決めた。

気がつくと、彼は31歳になっていた。

彼のワールドカップ予選の総得点は、27になった。

だが、ワールドカップ本選の代表に、彼の名前は記されていなかった。

記者会見で、こう話した。

「日本代表としての誇りは、向こう(フランス)に置いてきた。」

その年、チームから戦力外通告を受けた。

彼は、一人考えた。

「誰も、自分の知らないところへ行きたい。」

そして、彼はクロアチアに行くことを決めた。

練習初日、彼の眼に一人の選手が映った。

その動きを見て、「売り出し中の若手かな?」と思った。

しかし、その選手は大ベテランの選手だった。

彼の名は、ゴラン・ユーリッチ。

クロアチアを代表する、名DFだ。

自分より年上の選手が、誰よりも懸命に、誰よりも誇らしくプレーしていた。
こんな質問をしてみた。

「どうして、そこまでやれるのか?」

ゴランは言った。

「サッカー選手とは、年齢に関係なく、常に成長するものだ。低落など存在しない。」

彼は思った。

「どこまでも、走り続けよう。」

2010年、彼はJリーグの最年長出場記録と最年長得点記録を更新した。

ブラジル、日本、クロアチア、オーストラリア。

様々な国でプレーし続け、夢を与え続ける彼に、日本人は尊敬を込めて、彼を「KING」と読んだ。

彼の名前は、三浦知良。

日本サッカーのパイオニアの名だ。

ある雑誌の企画で、ゴラン・ユーリッチから三浦知良に手紙が届けられた。

その中で、ゴランは、三浦知良に1番言いたかったことがあったという。

「日本のマスコミほどには、カズがフランスW杯に行かなかった理由を知らないけれど、その事実は聞いていた。

カズは「監督に呼ばれなかっただけだ」と言っていたけど、その取り乱さない、事態を真摯に受け入れる姿勢に感動したよ。

日本のW杯進出に大きく貢献したのはカズだっていうのに、それでもカズは、派手に抗議することもなかったんだよな。

男だよ。

それでこそ偉大なプレイヤーってもんだ。

ところでカズと俺はその後再びノゴメット(サッカー)のおかげで再会することになる。

今度はJリーグ。

俺は横浜F・マリノス、カズは京都にいたんだよな。

アウェーの京都戦では3-1で勝ったけど、1点を決めたのはカズだった。

カズ、これだけは言わせてくれ。

俺は日本に行ってはじめて、カズという名前が何を意味するのか、カズとはいったい何者なのかがわかったんだ。」引用元:涙が止まらない

心から尊敬します!!
私たちのアイドルであり、先生”KING・カズ”。
(スポンサードリンク)

【涙腺崩壊】夫は秘密を知っていた・・・


私には、夫に隠していることがあります。

それはとても大きな問題でとても重要なこと。

でもだからこそ、夫に申し訳のない気持ちと
打ち明けた時の反応を想像すると、どうしても
話せずにいました。

(スポンサードリンク)

夫とは、4年前に結婚。

大学時代にバイト先で知り合い、初めは
ただのバイト仲間でしたが、食事に行ったり
バイト先の交友関係などの相談をしている間に
お互い惹かれ合い、交際を開始。

私と夫は周囲からも「友達みたいに仲が良いね」
と言われる程常に笑いあっている仲良し夫婦です。

結婚して4年目の春・・・
私たちに待望の赤ちゃんが出来ました。

子供の様に喜んでくれた夫の為にも、
元気な赤ちゃんを産もうと日々の食事や
健康には一段と気を付けて生活をしていました。

夫は、毎日気を使って炊事洗濯を率先して
手伝ってくれ、少しでも時間があれば、私のお腹に
耳をあてて「早く出ておいで~」なんて赤ちゃんに話しかけていました。

しかし、そんな無邪気にはしゃいで喜んでくれる夫に、
隠し事が出来てしまったのです。

(スポンサードリンク)


いつまでも隠し通すわけにはいかないと思い、
全てを打ち明けようと「隠し事があるの」と
夫に切り出したのです。

すると夫は笑みを浮かべ「やっとか・・・」と
驚くことを語りだしたのです。

私は、この妊娠が初めてではなく、前回流産していました。

とても妊娠しづらい体質で、何度か夫と病院へ通い、
不妊治療を続け、やっと出来た待望の赤ちゃんだったのです。

そんな苦悩を共に歩んで来てくれた夫だっただけに
妊娠が発覚した時はすごく喜んでくれました。

そして、毎日お腹に耳をあてて話しかけ、
今か今かと赤ちゃんが生まれるのを心待ちにしていました。

でも実は、すでにその時には私は2回目の流産・・・

お腹の中の赤ちゃんはもう亡くなっていたんです。

申し訳なくて、辛くて夫にまた悲しい思いを
させると思うと、どうしてもいいだせないままでした。

言うタイミングを逃したこともありましたが、
このままだとずるずると日だけが経っていく。

「ちゃんと打ち明けなきゃ」
そう決心して夫に切り出しました。

「ねぇ、私あなたに隠し事があるの。」

「隠し事・・・やっとか。」

え?
意味深な事を言う夫に不思議そうな顔をする私・・・
夫は少し笑みを浮かべて話し始めました。

赤ちゃんの事だろ?
お前が自分で言い出すまで、タイミングもあるだろうから
黙ってたんだ。

ずっとお腹を触りながら、暗い顔をしているお前を知っていたよ。

「もしかしたら・・・」
そう思い、実は昨日俺一人で病院へ行ってきたんだ。

もっと早く気づいてやれなくて本当にごめんな。

「お前の気持ちが全部わかる」とは言わない。
流産した辛さや、体への負担は女性にしか分からないもんな。

そんな簡単に分かる!なんては言えないし、言わない。

でもな、二人の事だから何でも話して欲しいんだ。
これからは。

また、二人で頑張ろうよ。

大丈夫!きっとまた赤ちゃんは俺たちに会いに来てくれるから。

そう優しく微笑みながら話してくれた夫の
言葉を聞きながら、私はとめどなく溢れてくる
涙を拭いました。

あれから2年・・・
今私のお腹の中には、
愛してやまない双子の男の子の命が宿っています。
(スポンサードリンク)

人生にちょっとだけ疲れたあなたに贈る「美輪明宏の名言」

美輪明宏さんの名言

【人間関係に関する名言】
人間関係で一番大事なのは、腹八分ではなくて腹六分。夫婦、恋人、親子、仕事関係、すべて腹六分でお付き合いを。親しき仲にも礼儀あり。
清き川に清き水は流れる。心が美しい人と付き合いたければ、まず自分の心を磨くこと。
職場でも家庭でも、付き合いは気品を持って、良い人間同士でいること。君子の交わりは淡き水の如し。

(スポンサードリンク)

嫌な思いをすると、やり返したくなるもの。優しさで帳消しにすれば、自分が気持ちいい。
悪口を言われたら柳に風と受け流す。自分が清らかで優しければ「念返し」で悪い念は相手に戻る。
人の悪口を言えば自分も不愉快になる。 嫌な人はどこにでもいます。 見ざる 聞かざる 言わざるが楽。
自分は誤解されやすいと思ったら、言葉が足りているかどうか反省してみる。思いが正確に伝わるように言葉を尽くしてますか?
言葉が足りないのは本を読まないから。美しい言葉に触れ素敵な表現を自分の中にストックする。意思の疎通は言葉ありき。
自分に思いやりが足りない人ほど相手に思いやりを求める。自分の言葉が相手を傷つけていないか、まず反省してみる事。
カスの相手をしている時間なんて、もったいないでしょ。「そんな人たちは、私の人生になんの傷も与えられない」と思える強さを身につけることが大切です。
【人生や運命に関する名言】
野に咲く花にも役目があります。この世に必要でない人はいません。それに気付くかどうか。それが大事なのです。
人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。
どんなトラブルが起きても微動だにしない。そんなレベルに達するまで人生の修行は続きます。弱音を吐かず覚悟を決めて。
宿命とは人生の青写真・設計図。心がけ次第で設計変更できるもの。その設計図を自分の意思と力で実現していくのが運命。運命は自分で切り開く。
心が悪くなる事もある。しかし、そこで反省すればいい。その繰り返しで魂は向上していく。
目の前にいる人を救うために何ができるか考える。神様の目をまっすぐに見つめて胸を張れる生き方。それが揺ぎない信念。
人生、いくら扉をたたいても開かないことがある。その時は、神様が自分の内容を肥やすために与えてくれた時間だと思って、知識を育てたりして中身を膨らませることにあててみることね。
おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。食べ物も人間関係も同じ。
お父さんの欠点ばかりが目に付くのは、父親として見ているだけだから。お父さんも一人の人間。

(スポンサードリンク)

【家族に関する名言】
親が悪口を言い合えばそのまま子供にインプットされる。親が暴力をふるえば子供も暴力をふるう。三つ子の魂百まで。
親が死んでも子供が一人で生きていけるよう、厳しく接するのも愛情。可愛い子には旅をさせよ。
親が子供に恥ずかしくない生き様を見せるのが、何よりの教育。子供は、親の背中を見て育つ。

(スポンサードリンク)

故.赤塚不二夫の告別式で白紙を読み上げたタモリの伝説の弔辞 

故.赤塚不二夫の告別式で

「私もあなたの数多くの作品の一つです」

との弔辞を読み上げた。

この弔辞は7分56秒にも及ぶものであり、手にしていた紙を何度も見ながら時折涙声で読んでいたが、

実際にはその紙は全くの「白紙」で、何も書いていなかったとの報道が一部でなされた。
(スポンサードリンク)

その伝説の弔辞をご覧下さい↓↓↓

(スポンサードリンク)