カテゴリー別アーカイブ: 響く

【泣ける話】18歳の回天特攻隊員の遺書


戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。母親に宛てた手紙という形になっています。
(スポンサードリンク)

戦争が終わってからもう70年以上もの月日が流れました。戦争を体験したという人はどんどん少なくなってきています。

しかし、私たちは戦争の残酷さを忘れてはいけません。戦争はどれだけの尊い命を奪ってきたのか。この手紙はそのことを思い起こさせるでしょう。

遺書
これは、18歳の回天特攻隊員の遺書です。

回天特攻隊とは、人間魚雷である「回天」に乗って敵艦を攻撃した特攻隊のことです。
その命令が下れば、特攻隊員は死ぬことになります。
この特攻隊員は、その任務の直前にこの遺書を書きました。
母親に宛てた手紙という形になっています。

(スポンサードリンク)

「18歳の回天特攻隊員の遺書」

お母さん、私は後3時間で祖国のために散っていきます。
胸は日本晴れ。
本当ですよお母さん。少しも怖くない。
しかしね、時間があったので考えてみましたら、少し寂しくなってきました。
それは、今日私が戦死した通知が届く。
お父さんは男だからわかっていただけると思います。

が、お母さん。お母さんは女だから、優しいから、涙が出るのでありませんか。
弟や妹たちも兄ちゃんが死んだといって寂しく思うでしょうね。

お母さん。
こんなことを考えてみましたら、私も人の子。やはり寂しい。
しかしお母さん。
考えて見てください。今日私が特攻隊で行かなければどうなると思いますか。
戦争はこの日本本土まで迫って、
この世の中で一番好きだった母さんが死なれるから私が行くのですよ。
母さん。
今日私が特攻隊で行かなければ、年をとられたお父さんまで、銃をとるようになりますよ。
だからね。お母さん。
今日私が戦死したからといってどうか涙だけは耐えてくださいね。
でもやっぱりだめだろうな。お母さんは優しい人だったから。
お母さん、私はどんな敵だって怖くはありません。
私が一番怖いのは、母さんの涙です。

自分の死を覚悟している彼らは屈託のない笑顔で写真に写っています。
私たちは尊い命の犠牲の上で平和を享受していることを忘れてはいけませんね。

あなたはこの遺書を見て何を感じたでしょうか。

長年札幌ドームでグラウンドキーパーとして活躍した女性の退職日。選手たちからの感動のサプライズに涙


試合前にグラウンドを平らにしたり、ラインを引いたりして、選手たちが安全に、
最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えるグラウンドキーパー。

この日は、長年札幌ドームでグラウンドキーパーをやってきた、
工藤さんの最後の仕事の日。
(スポンサードリンク)


選手から素敵なサプライズが用意されていました。

イモト「バカ野郎!」!?マナーを守らないスタッフ・・・安室奈美恵に対する言動に称賛の声

2018年2月から6月にかけて、アーティストとして最後のライブ『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』を行った安室奈美恵さん。

海外でも人気のある安室さんは、日本国内だけではなく、3月には中国と香港、5月には台湾でライブを行いました。

 

 

同年7月29日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、芸人のイモトアヤコさんが「ただのファン」として台湾のライブに付いていくことに!
(スポンサードリンク)

1人のファンとしてパパラッチを行い、安室さんと2ショットを撮ることができるか…という企画に挑戦することになりました。

 

安室奈美恵に対するイモトの『ファン精神』に称賛の声が続出

嫌だー!もっともパパラッチしたくない相手です!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

小学5年生のころから憧れている安室さんにパパラッチをすることに対し、激しい嫌悪感を示すイモトさん。

「最後の最後に嫌われたくない!でもツーショットは欲しい!」というジレンマに悩まされつつ、企画を行うことになりました。

 

しかし、まずは台北松山空港で夜の8時に出待ちをすることになるも、ファンやマスコミにもみくちゃにされ、まったく安室さんに近づけません。

 

そこで、ディレクターが今後の予定として「リハーサルの出待ちをやります。あと、宿泊しているホテルも入手してます」というと…。

バカ野郎!重々マナーだけは守っていこうね。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

宿泊先というプライベートな情報を持ち出したスタッフに、真顔で叱咤!

ファンとして、アーティストの宿泊先に突撃するのはマナー違反です。イモトさんは断固拒否する姿勢を示しました。

ライブ前、会場で出待ちをすることになるも…

ライブ当日、会場前で安室さんの乗る車を待つことになったイモトさん。しかし、いつもとは異なり落ち着かない様子です。

 

スタッフが「いつものパパラッチと違うじゃん」と声をかけると、イモトさんは真剣な表情でこういいました。

無理だよ!だって好きなんだもん!大好きな人に嫌われたくないもん!

私、アーティストの気持ちは分かんないですけど、やっぱライブ前ってさ、ちょっとこう、気持ちがナーバスになってるわけじゃん。

終わった後ならいいけどさ、ただやっぱライブ前をさ、追われるとさ、嫌だと思うよ。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

「大好きな安室ちゃんに嫌われたくない」「好きな人を不快にさせたくない」という気持ちになり、企画に集中できないようです。

そこで、パパラッチを頑なに拒否するイモトさんにスタッフが持ち出したのは、『チケットチャレンジファイナル』。

『ヒップスライディング』という試練を乗り越えた結果、イモトさんは翌日のライブのチケットを入手することができました。

そして翌日、イモトさんは安室さんのライブに参加することに。数時間後に会場から出てきたイモトさんは、スタッフにこういいます。

「あなたのファンになれて本当に私は幸せでした」って、心から思いました。

ありがとう、安室ちゃん!25年間ありがとうございました!本当に!

ただ、もう生で見ることができないっていうのも、みんな現実を受け入れられないファンのかたもいっぱいいて、私の前のファンのかたなんて、もうずっとこんな感じで(タオルで顔を隠しながら)ずっと泣かれてたもん。

もうやっぱり分かってても、受け止めなきゃいけないんだけど、受け止められないんだよ。

私も笑顔になろうと思ったんだけど、なかなかやっぱ、「はぁ」ってなったな、やっぱ最後も。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

ひたすら熱く語りながら、泣きそうな表情をするイモトさん。

ライブが楽しすぎるあまり、本来の目的であるツーショットのことは忘れてしまったようです。

そして、『ただのファン』としてツーショットを撮るという今回の企画は、失敗に終わってしまったことを宣言しました。

 

イモト、憧れの『安室ちゃん』とサプライズで対面!

企画を断念したイモトさんは、『次の企画』としてスタッフに連れられ、ヘビ料理を提供する店に到着。

「400回のロケの中で一番楽しかったロケでした!」「楽しかったよ!」といい、絶叫しながらヘビ料理を食べていました。

 

その時、お茶を運んできたのは、なんと店員に扮した安室さん!

帰国日を1日延ばし、イモトさんに会いに来てくれたのです。

 

そのことを知らなかったイモトさんは椅子から立ち上がり、凄まじいスピードであとずさりました。

つい先ほどまで早口で安室さんへの愛を語っていたにもかかわらず、出てきた言葉はひと言でした。

どうしよう…すごく、すごく大好きです!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

イモトの姿に、多くの人から「分かる」「素晴らしい!」の声

ファンとして憧れのアーティストを想い、断固としてパパラッチ行為を

拒否したイモトさんの姿は、多くの人の心を打ちました。

 

ネット上では視聴者から、イモトさんの言動を称賛する声や、

ファン心理に同意する声が多数上がっています。

 

・イモトを見ていて、「ファンはこうでないとね」と思った。

・結局、パパラッチも出待ちもしなかったし、イモト偉いぞ!

・自分は別に安室ちゃんファンじゃないのに、見ていて涙が出ました…。

・本人を前にすると言葉が「大好き」しか出てこないの、すごくリアルだなあと思った。

・どのジャンルでもいえることですよね。マナーを守って楽しむのが一番です!

2018年9月16日をもって引退することを発表している、安室さん。25年もの間、彼女の歌声によって多くの人が元気付けられてきたことでしょう。

そして、その中の1人であるイモトさんも、つらい時やロケが大変な時、何度も励まされてきたといいます。

まさに『ファンの鑑』といえるイモトさんの姿は、安室さんに限らず、いろいろな層のファンに響いたはずです。

「自分だけは」と身勝手な振る舞いをするのではなく、一番に『好きな人』のことを思って、1人1人が素敵なファンでいたいですね。

 

イモトさんが今までロケした中で『安室ちゃん愛』を熱く語っているイモトさんをまとめたVTRを

安室さんが見て泣いている瞬間はこの2人の関係って素敵だなと思いついついもらい泣きしてしまいました。

 
(スポンサードリンク)

【感動】目の見えないゾウに美しいピアノ演奏を聴かせたら、感動的な反応をした!


タイのエレファント・ワールドに住むゾウのラムダン(黄色の花の木の意味)に
バッハの楽曲をピアノ演奏して聴かせた動画。

ラムダンは静かに音楽に聞き入り、身体を揺らします。
ゾウにも音楽がわかるのでしょうか?

(スポンサードリンク)


動画には「バッハの作品に揺れ動く巨大な美しい生き物が胸を打つ」

「ゾウはとても賢い動物だから音楽もわかるんだね」などの
コメントが寄せられています。

【戦争感動実話秘話】最強の日本兵と戦い勝利した敵兵の涙


元グルカ兵(ネパール人)の証言

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で
一週間不眠不休で戦わされ、我々も半数以上が戦死した。
(スポンサードリンク)


 

これだけの死闘は初めてで、
勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。

玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた。
日本軍は貧弱な武器なうえ食料も、
わずかな米しかなく、
日本軍の死体はみんなやせ細っていた。

戦友が死んだ時には泣かなかったが、
敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。
(スポンサードリンク)

【涙腺崩壊】医師は11才の少年の遺体に深く敬礼。全世界が涙した理由とは・・・

いま世界中で報じられ、話題になっている一枚の写真があります。
手術室から運び出された11才の少年「リャン」くんの遺体に、医師たちが深々と頭を下げている冒頭の写真だ。

View post on imgur.com

リャン君は、9才の時に悪性の脳腫瘍と診断されガンと闘ってきただが、すでに助かる見込みがないほど悪化し最後の時を待つばかりとなっていた。死期の近づく中、6月6日に彼は最後の願いを口にした。
(スポンサードリンク)


その願いとは「自分の臓器を提供したい」だった。

写真は、リャン君の最後の願いを叶える臓器摘出手術を終えて運び出された、彼の『遺体と魂』に医師たちが最大限の敬意を持って、誰からともなく頭を下げている様子を写したものでした。

後日、彼の小学校の教師は取材に「教科書に掲載された物語を読んで、臓器提供のことを知ったんだろう」と語っています。リャン君の将来の夢は、医者になることだったという・・・。

臓器提供を待つドナーに対して、臓器提供者の数が圧倒的に不足している現実は世界的に変わらず、みなさんもご存知だろう。臓器提供に関しては提供者本人だけでなく、残された遺族の気持ちの問題も大きく簡単ではない。

写真の奥で泣いているのはリャン君の母親「李」さん。 リャン君の尊い行いとともに、彼の願いを叶えることを選択した彼のご家族の決断にも頭が下がる思いだ。
(スポンサードリンク)


正直に言えば、自分の子供がリャン君と同じ状況になったとしても、私はとてもその最後の願いを受け入れることはできないだろう。しかし、生前から家族とともに臓器提供の可能性について話し、理解を深めるそんな取り組みは初めてみようと思う。

人が変わるには、なにか「きっかけ」が必要なのだろうから…。

日本では母親のことを「おかあさん」と呼ぶ理由

突然ですが、なぜ日本人は「母親」のことを「おかあさん」、「父親」のことを
「おとうさん」と呼ぶのでしょうか?

 

そこにはちゃんと意味があって、理由があります。

もちろんその始まりは過去のこと。

大昔のことだから本当に正しいかどうかなんて誰にもわかりません。

(スポンサードリンク)

なぜ「おかあさん」「おとうさん」と呼ぶかについてもそう。

「日本人」ってどんな人?という質問についてもそう。

「日本に住んでる人」と答えることが多いかもしれませんが、「じゃあ日本て何?」と聞かれた時にどれだけ説明できるでしょうか。

 

海外では「ジャパン」と呼ばれている国をなぜ日本人は「ニホン(ニッポン)」と呼ぶのでしょうか?その質問に答えらえるでしょうか。

 

正解じゃなくてもいいから、親や教育者、保育者が「一つの解答例」を示してあげることで、子どもが「考える力」を養うきっかけになり成長していくはずです。

 

そのためにはまず、親や教育者、保育者自身が考え、「こういう考え方もあるんだよ」ということを示してあげることが大切なんじゃないでしょうか?

 

それではなぜ、母親のことを「お母さん」と呼ぶのか?

 

それは、
日本人は古代から、太陽を信仰する民だった。
天照大神は、太陽の神様だ。
日本の国旗は日の丸。太陽を表している。

昔々、日本の古代人は、太陽のことを、「カッカッ」と呼んだそうだ。
それが、「カアカア」になり「カカ」になった。

母親のことを、
「カカさま」というけど、あれは、ここからきていると言う。

つまり、
母親というのは、ぼくたちに命を授けてくれた太陽のような存在なんだという意味だ。
すごいね。
なるほどだね。

ここから、「おかあさん」というのはきたということだ。

子どもは、
太陽に手を合わせるような気持ちで「おかあさん」と呼ぶわけだ。

(スポンサードリンク)

ちなみに、なぜ父親のことを「お父さん」と呼ぶのか。

「おとうさん」は昔、「とうと」と呼ばれていたそう。

昔の女性たちは思いました。

夫は、自分や子どものために一生懸命外へ働きに出て、

生活の糧を持ってきてくれる。今で言えばお金ですね。

 

 

そして、悪い奴ら乱暴な奴らが来ると立ち向かって追い払ってくれる存在。

「あぁ、夫はなんて尊(とうと)い存在なんだろう」と。

その「尊(とうと)」から、夫のことを「とうと」と呼ぶようになったそうです。

 

 

古い時代をテーマにした映画の中で父親を「トト」とか「トトさま」と呼ぶのはその名残り。

そして時代が少し変わり、「おとさん」や「おっとさん」と呼ぶようになり、今の「おとうさん」へと続いてきた。らしい。

 

ここで出てくる「と」はすべて「尊い」と意味なんですね。

家族のために毎日頑張ってくれる「おとうさん」、

怖いこと大変なことから守ってくれる「おとうさん」、

そんな頼りになる存在である「おとうさん」を敬う気持ちが含まれていたんです。

 

そういう意味があるってことを知るだけで、言葉に込める気持ちが変わってくるんじゃないでしょうか。

もちろん、過去のことだから本当のことはわからない。いあわゆる「諸説あります」ってやつです。
(スポンサードリンク)