カテゴリー別アーカイブ: エンタメ

【閲覧注意】「廃墟には行くな」という怪談師 その理由に『違う意味』でゾッとした…

※写真はイメージ

「廃墟には行ってはいけない」

ある怪談師の言葉を投稿した、スキッドロウ(@SKIDROW04241717)さん。

その怪談師は、不動産関連の仕事もしているといいます。建物にまつわる怖い話に詳しいようです。

廃墟というと、ひと気のない場所に建っていて、周囲や建物の中には草木が生い茂り、いつ使われていたか分からないような物が落ちています。
(スポンサードリンク)

そのため、心霊スポットとして有名な廃墟もあり、時には肝試しで廃墟に行く人も絶えないのだとか。

怪談師が語ったのは、身の毛がよだつような恐ろしい話…投稿者さんも、その話を聞いて恐怖で震えたといいます。

廃墟に行ってはいけない理由、それは…。

廃墟は、使っていないだけで持ち主のいる財産。もし物を壊してしまうと、損害賠償が発生してしまう。

例えば配電関係や給水関係の機械だと、損害賠償は数千万。しかも、損害賠償は自己破産しても免責されない。一生背負う。

そう、本当に恐ろしいのは幽霊ではなく、現実だったのです。

他人が所有する廃墟は『不法侵入』!

正当な理由もなく他人が所有する建造物に入った場合、住宅侵入罪(不法侵入)に問われてしまいます。

「肝試しをしよう」「廃墟を探検しよう」といった気持ちで不法侵入をすると、3年以下の懲役または10万円以下の罰金が科せられてしまうのです。

建物の中にある物を破損してしまった場合は、損害賠償を請求されてもおかしくはありません。

何より、たとえ罪に問われなかったとしても、他人が所有する敷地に侵入することは迷惑行為です。

また、廃墟では危険な野生動物や有毒の虫などに出くわしたり、事件や事故に遭ったりする可能性もあります。

一時の軽いおふざけで、お祓いでも対処できず、今後の人生に大きく響くような『現実の恐怖体験』に遭うのは避けたいですね。
(スポンサードリンク)

志村けんの『下積み時代』に驚き! 『兄』に大きな注目が集まった理由は?

お笑いタレントとして活躍している志村けんさん。

音楽・コントグループ『ザ・ドリフターズ』のメンバーとして一世を風靡し、いまも現役で多くのバラエティ番組に出演しています。

 

そんな志村けんさんの驚きの下積み時代や、お兄さんに関すること、スイカの早食いの裏話など、さまざまな情報をご紹介します!

 (スポンサードリンク)

スイカの裏側を、切り抜いていた!

これなら食べる量が少なくなり、早食いしやすくなりますね。ちなみにこの仕掛けは『ドリフカット』と呼ばれているそう。

アイディアが生んだ、志村けんさんのスゴ技。まるで手品の裏側を見ているようで、興味深いですね。

 

 

志村けんが下積み時代の貧乏生活を語る

2018年8月21日放送のバラエティ番組『志村の夜』(フジテレビ系)で、志村けんさんの下積み時代のエピソードが明かされました。

番組に出演したお笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶさんが、トークの中で「志村さんも貧乏な話とかあるんですか?」と質問すると、志村けんさんの口からこんな言葉が飛び出します。

あの時は靴が買えなくて、しばらく裸足で歩いてましたね。

志村の夜 ーより引用

この言葉に、スタジオからは笑いと驚きの声が。

その姿を見た小道具のスタッフから『わらじ』をもらったそう。しかし、それもすぐボロボロになってしまい、一週間ももたなかったといいます。そんな生活を1年半ほど続けていたのだとか。

 

志村けんさんは下積み時代に満足にご飯を食べられなかったこともあるそうですが、「飯が食えないのも、いま思えばそこそこ楽しかったよね」と懐かしんでいました。

志村けんの兄に注目が集まった理由

2017年4月、志村けんさんのお兄さんである志村知之さんに注目が集まりました。

きっかけになったのは、東村山市の市長・渡部尚さんのツイッターです。そこには、渡部尚さんとがっちり握手を交わす、志村知之さんの姿が。

写真の左側が、志村知之さんです。

東村山市役所に長年務めていたという志村知之さん。定年後も臨時職員として市役所のために尽力していましたが、2017年3月をもって完全に退職となり、その感謝を伝える握手だったようです。

志村知之さんの姿を見た人からは「けんさんに似てる!」との声が続出し、「お疲れ様でした」と労いのコメントが多く寄せられました。

 

 

 

 
(スポンサードリンク)


母親が知人なので、後から電話で「あなたが注意したら?
他人の前で旦那さん可哀想だったよ」と言っても
良いのよ~家の子は素直なのw今はそんな時期なのよ~と。
お受験して私立中に行かせて、勉強は出来るかもしれないけど
あれじゃどうしようも無いわ。
浮気したとか、そんな事全くない旦那さんで
真面目一筋に、子供の為に頑張ってるのに
本当に旦那さんが気の毒。

そうやって耐えてきたお父さんが、
娘の中学校卒業式と同時に【蒸発】した事例知ってる。
母親と娘が卒業式から帰宅すると、食卓に置き手紙。
「貴女たちも嫌っている男に養われるのは苦痛だろう。
 俺も自分を嫌う人間を養うことには疲れ果てた」
会社は退職、離婚届も勝手に出して住民票は実家へ転出。
(スポンサードリンク)


奥さん慌てて義実家に行ったら、事情を知ってる姑から
「離婚と同居とどっちがいい?」と詰められ、奥さんは離婚を選択。
昭和55年当時、1000万円が慰謝料として支払われ、
年に二回、30万円の養育費を貰いに、奥さんと娘は義実家詣で。
義実家で旦那親族に2時間ぐらい説教されて、やっと金を渡される。
これを5年間計10回やらされたんだと。

ちなみに、その義実家が、うちのお隣さんですw

その蒸発した旦那さん、義実家離れに住み、
元々居た会社の子会社で幹部社員として働いていました。
蒸発の件は、義実家と親族による共謀。
周囲の人間全てが旦那さんの味方。

半年おきの顔出しの度に、
ポッチャリしてた奥さんは痩せ細って皺が増え、
見るからに生意気だった娘は暗く陰気になっていった、
と姑さんたちが嬉々として話していたっけ…
娘が成人して、最後の金を渡した時、
娘は大泣きして「もう一度だけお父さんに会いたい。謝りたい」
とお願いしたんだけど、親族全員で微笑と無言で押し通したらしい…

お隣さんだから、全て筒抜けで、母は私に
「愛情の裏返しは恐いんだよ、あんたもよーく覚えておきな」
と言われたなあ。
(スポンサードリンク)

【驚愕】ビーチで目撃された地球上最大のカメ、「オサガメ」の映像に鳥肌!


フランスの海外県で、カリブ海の南部にある群島「グアドループ」で撮影された映像。映像には信じられないほど巨大なオサガメが映し出されています。オサガメは地球上で最大のカメで、最大の個体では体長約3メートル、体重900キロを超えるといいます。
(スポンサードリンク)


まるで恐竜のようなサイズです。※撮影時の設定により画面の縦横が違って表示されてしまいます。画面を横にしてご覧ください。

びっくり箱を見た警察犬のリアクションが物凄いことに・・・

ジャーマン・シェパードのアンモは、アメリカのカリフォルニア州で、警察犬として日々市民の生活を守ってくれています。

ある日、警察官がアンモに『びっくり箱』を見せることにします。初めて見るおもちゃに興味津々の様子のアンモ。
(スポンサードリンク)

ところが次の瞬間…。

予想外のリアクション!!!

この動画を見た人たちからはいろいろなコメントが寄せられています。

・この犬はサプライズが嫌いなんだよ。

・箱の中から悪い奴が出てきたと思ったんじゃない?

・これはカンペキなリアクションよ!

可愛い音楽が流れてくるびっくり箱は、どうやらアンモのお気に召さなかった様子。

でも彼の素早い動きは、警察犬としては非常に優秀だということが証明されましたね!
(スポンサードリンク)

長年札幌ドームでグラウンドキーパーとして活躍した女性の退職日。選手たちからの感動のサプライズに涙


試合前にグラウンドを平らにしたり、ラインを引いたりして、選手たちが安全に、
最高のパフォーマンスを発揮できる環境を整えるグラウンドキーパー。

この日は、長年札幌ドームでグラウンドキーパーをやってきた、
工藤さんの最後の仕事の日。
(スポンサードリンク)


選手から素敵なサプライズが用意されていました。

イモト「バカ野郎!」!?マナーを守らないスタッフ・・・安室奈美恵に対する言動に称賛の声

2018年2月から6月にかけて、アーティストとして最後のライブ『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』を行った安室奈美恵さん。

海外でも人気のある安室さんは、日本国内だけではなく、3月には中国と香港、5月には台湾でライブを行いました。

 

 

同年7月29日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、芸人のイモトアヤコさんが「ただのファン」として台湾のライブに付いていくことに!
(スポンサードリンク)

1人のファンとしてパパラッチを行い、安室さんと2ショットを撮ることができるか…という企画に挑戦することになりました。

 

安室奈美恵に対するイモトの『ファン精神』に称賛の声が続出

嫌だー!もっともパパラッチしたくない相手です!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

小学5年生のころから憧れている安室さんにパパラッチをすることに対し、激しい嫌悪感を示すイモトさん。

「最後の最後に嫌われたくない!でもツーショットは欲しい!」というジレンマに悩まされつつ、企画を行うことになりました。

 

しかし、まずは台北松山空港で夜の8時に出待ちをすることになるも、ファンやマスコミにもみくちゃにされ、まったく安室さんに近づけません。

 

そこで、ディレクターが今後の予定として「リハーサルの出待ちをやります。あと、宿泊しているホテルも入手してます」というと…。

バカ野郎!重々マナーだけは守っていこうね。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

宿泊先というプライベートな情報を持ち出したスタッフに、真顔で叱咤!

ファンとして、アーティストの宿泊先に突撃するのはマナー違反です。イモトさんは断固拒否する姿勢を示しました。

ライブ前、会場で出待ちをすることになるも…

ライブ当日、会場前で安室さんの乗る車を待つことになったイモトさん。しかし、いつもとは異なり落ち着かない様子です。

 

スタッフが「いつものパパラッチと違うじゃん」と声をかけると、イモトさんは真剣な表情でこういいました。

無理だよ!だって好きなんだもん!大好きな人に嫌われたくないもん!

私、アーティストの気持ちは分かんないですけど、やっぱライブ前ってさ、ちょっとこう、気持ちがナーバスになってるわけじゃん。

終わった後ならいいけどさ、ただやっぱライブ前をさ、追われるとさ、嫌だと思うよ。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

「大好きな安室ちゃんに嫌われたくない」「好きな人を不快にさせたくない」という気持ちになり、企画に集中できないようです。

そこで、パパラッチを頑なに拒否するイモトさんにスタッフが持ち出したのは、『チケットチャレンジファイナル』。

『ヒップスライディング』という試練を乗り越えた結果、イモトさんは翌日のライブのチケットを入手することができました。

そして翌日、イモトさんは安室さんのライブに参加することに。数時間後に会場から出てきたイモトさんは、スタッフにこういいます。

「あなたのファンになれて本当に私は幸せでした」って、心から思いました。

ありがとう、安室ちゃん!25年間ありがとうございました!本当に!

ただ、もう生で見ることができないっていうのも、みんな現実を受け入れられないファンのかたもいっぱいいて、私の前のファンのかたなんて、もうずっとこんな感じで(タオルで顔を隠しながら)ずっと泣かれてたもん。

もうやっぱり分かってても、受け止めなきゃいけないんだけど、受け止められないんだよ。

私も笑顔になろうと思ったんだけど、なかなかやっぱ、「はぁ」ってなったな、やっぱ最後も。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

ひたすら熱く語りながら、泣きそうな表情をするイモトさん。

ライブが楽しすぎるあまり、本来の目的であるツーショットのことは忘れてしまったようです。

そして、『ただのファン』としてツーショットを撮るという今回の企画は、失敗に終わってしまったことを宣言しました。

 

イモト、憧れの『安室ちゃん』とサプライズで対面!

企画を断念したイモトさんは、『次の企画』としてスタッフに連れられ、ヘビ料理を提供する店に到着。

「400回のロケの中で一番楽しかったロケでした!」「楽しかったよ!」といい、絶叫しながらヘビ料理を食べていました。

 

その時、お茶を運んできたのは、なんと店員に扮した安室さん!

帰国日を1日延ばし、イモトさんに会いに来てくれたのです。

 

そのことを知らなかったイモトさんは椅子から立ち上がり、凄まじいスピードであとずさりました。

つい先ほどまで早口で安室さんへの愛を語っていたにもかかわらず、出てきた言葉はひと言でした。

どうしよう…すごく、すごく大好きです!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

イモトの姿に、多くの人から「分かる」「素晴らしい!」の声

ファンとして憧れのアーティストを想い、断固としてパパラッチ行為を

拒否したイモトさんの姿は、多くの人の心を打ちました。

 

ネット上では視聴者から、イモトさんの言動を称賛する声や、

ファン心理に同意する声が多数上がっています。

 

・イモトを見ていて、「ファンはこうでないとね」と思った。

・結局、パパラッチも出待ちもしなかったし、イモト偉いぞ!

・自分は別に安室ちゃんファンじゃないのに、見ていて涙が出ました…。

・本人を前にすると言葉が「大好き」しか出てこないの、すごくリアルだなあと思った。

・どのジャンルでもいえることですよね。マナーを守って楽しむのが一番です!

2018年9月16日をもって引退することを発表している、安室さん。25年もの間、彼女の歌声によって多くの人が元気付けられてきたことでしょう。

そして、その中の1人であるイモトさんも、つらい時やロケが大変な時、何度も励まされてきたといいます。

まさに『ファンの鑑』といえるイモトさんの姿は、安室さんに限らず、いろいろな層のファンに響いたはずです。

「自分だけは」と身勝手な振る舞いをするのではなく、一番に『好きな人』のことを思って、1人1人が素敵なファンでいたいですね。

 

イモトさんが今までロケした中で『安室ちゃん愛』を熱く語っているイモトさんをまとめたVTRを

安室さんが見て泣いている瞬間はこの2人の関係って素敵だなと思いついついもらい泣きしてしまいました。

 
(スポンサードリンク)

【感動】目の見えないゾウに美しいピアノ演奏を聴かせたら、感動的な反応をした!


タイのエレファント・ワールドに住むゾウのラムダン(黄色の花の木の意味)に
バッハの楽曲をピアノ演奏して聴かせた動画。

ラムダンは静かに音楽に聞き入り、身体を揺らします。
ゾウにも音楽がわかるのでしょうか?

(スポンサードリンク)


動画には「バッハの作品に揺れ動く巨大な美しい生き物が胸を打つ」

「ゾウはとても賢い動物だから音楽もわかるんだね」などの
コメントが寄せられています。

「裏庭のフェンスは、犬と少年が友情を育むのを止めることは出来なかった」という映像が世界中で話題に!

アメリカ・ミネソタ州のお宅の裏庭で撮影された映像。
裏庭のフェンス越しにボールを投げる2歳の少年。

すると、フェンスの向こう側から犬がボールを渡してきます。

映像を撮影したお父さんは、「最も単純な形で純粋な幸福」とコメントしています。

映像には「賢い犬だね!」「何回も見てしまった!」などのコメントが寄せられています。
(スポンサードリンク)


映像は世界中で拡散され、たった2日間で1,000万回以上再生されたといいます。とても癒される映像です^^

【話題】ミニーちゃんのキレのある反撃が話題に!!「たった2秒なのに無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」ミニーちゃん最高♪♪の声


ディズニーランドで撮影された映像。
ミニーちゃんが水鉄砲で素早い反撃をします。

たった2秒の動画なのにスゴイと話題です。

動画には「無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」などの声が寄せられています。
(スポンサードリンク)


本当にとてもキレのある動き。頼りになる彼女ですね^^