イモト「バカ野郎!」!?マナーを守らないスタッフ・・・安室奈美恵に対する言動に称賛の声

2018年2月から6月にかけて、アーティストとして最後のライブ『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』を行った安室奈美恵さん。

海外でも人気のある安室さんは、日本国内だけではなく、3月には中国と香港、5月には台湾でライブを行いました。

 

 

同年7月29日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、芸人のイモトアヤコさんが「ただのファン」として台湾のライブに付いていくことに!
(スポンサードリンク)

1人のファンとしてパパラッチを行い、安室さんと2ショットを撮ることができるか…という企画に挑戦することになりました。

 

安室奈美恵に対するイモトの『ファン精神』に称賛の声が続出

嫌だー!もっともパパラッチしたくない相手です!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

小学5年生のころから憧れている安室さんにパパラッチをすることに対し、激しい嫌悪感を示すイモトさん。

「最後の最後に嫌われたくない!でもツーショットは欲しい!」というジレンマに悩まされつつ、企画を行うことになりました。

 

しかし、まずは台北松山空港で夜の8時に出待ちをすることになるも、ファンやマスコミにもみくちゃにされ、まったく安室さんに近づけません。

 

そこで、ディレクターが今後の予定として「リハーサルの出待ちをやります。あと、宿泊しているホテルも入手してます」というと…。

バカ野郎!重々マナーだけは守っていこうね。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

宿泊先というプライベートな情報を持ち出したスタッフに、真顔で叱咤!

ファンとして、アーティストの宿泊先に突撃するのはマナー違反です。イモトさんは断固拒否する姿勢を示しました。

ライブ前、会場で出待ちをすることになるも…

ライブ当日、会場前で安室さんの乗る車を待つことになったイモトさん。しかし、いつもとは異なり落ち着かない様子です。

 

スタッフが「いつものパパラッチと違うじゃん」と声をかけると、イモトさんは真剣な表情でこういいました。

無理だよ!だって好きなんだもん!大好きな人に嫌われたくないもん!

私、アーティストの気持ちは分かんないですけど、やっぱライブ前ってさ、ちょっとこう、気持ちがナーバスになってるわけじゃん。

終わった後ならいいけどさ、ただやっぱライブ前をさ、追われるとさ、嫌だと思うよ。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

「大好きな安室ちゃんに嫌われたくない」「好きな人を不快にさせたくない」という気持ちになり、企画に集中できないようです。

そこで、パパラッチを頑なに拒否するイモトさんにスタッフが持ち出したのは、『チケットチャレンジファイナル』。

『ヒップスライディング』という試練を乗り越えた結果、イモトさんは翌日のライブのチケットを入手することができました。

そして翌日、イモトさんは安室さんのライブに参加することに。数時間後に会場から出てきたイモトさんは、スタッフにこういいます。

「あなたのファンになれて本当に私は幸せでした」って、心から思いました。

ありがとう、安室ちゃん!25年間ありがとうございました!本当に!

ただ、もう生で見ることができないっていうのも、みんな現実を受け入れられないファンのかたもいっぱいいて、私の前のファンのかたなんて、もうずっとこんな感じで(タオルで顔を隠しながら)ずっと泣かれてたもん。

もうやっぱり分かってても、受け止めなきゃいけないんだけど、受け止められないんだよ。

私も笑顔になろうと思ったんだけど、なかなかやっぱ、「はぁ」ってなったな、やっぱ最後も。

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

ひたすら熱く語りながら、泣きそうな表情をするイモトさん。

ライブが楽しすぎるあまり、本来の目的であるツーショットのことは忘れてしまったようです。

そして、『ただのファン』としてツーショットを撮るという今回の企画は、失敗に終わってしまったことを宣言しました。

 

イモト、憧れの『安室ちゃん』とサプライズで対面!

企画を断念したイモトさんは、『次の企画』としてスタッフに連れられ、ヘビ料理を提供する店に到着。

「400回のロケの中で一番楽しかったロケでした!」「楽しかったよ!」といい、絶叫しながらヘビ料理を食べていました。

 

その時、お茶を運んできたのは、なんと店員に扮した安室さん!

帰国日を1日延ばし、イモトさんに会いに来てくれたのです。

 

そのことを知らなかったイモトさんは椅子から立ち上がり、凄まじいスピードであとずさりました。

つい先ほどまで早口で安室さんへの愛を語っていたにもかかわらず、出てきた言葉はひと言でした。

どうしよう…すごく、すごく大好きです!

世界の果てまでイッテQ! ーより引用

イモトの姿に、多くの人から「分かる」「素晴らしい!」の声

ファンとして憧れのアーティストを想い、断固としてパパラッチ行為を

拒否したイモトさんの姿は、多くの人の心を打ちました。

 

ネット上では視聴者から、イモトさんの言動を称賛する声や、

ファン心理に同意する声が多数上がっています。

 

・イモトを見ていて、「ファンはこうでないとね」と思った。

・結局、パパラッチも出待ちもしなかったし、イモト偉いぞ!

・自分は別に安室ちゃんファンじゃないのに、見ていて涙が出ました…。

・本人を前にすると言葉が「大好き」しか出てこないの、すごくリアルだなあと思った。

・どのジャンルでもいえることですよね。マナーを守って楽しむのが一番です!

2018年9月16日をもって引退することを発表している、安室さん。25年もの間、彼女の歌声によって多くの人が元気付けられてきたことでしょう。

そして、その中の1人であるイモトさんも、つらい時やロケが大変な時、何度も励まされてきたといいます。

まさに『ファンの鑑』といえるイモトさんの姿は、安室さんに限らず、いろいろな層のファンに響いたはずです。

「自分だけは」と身勝手な振る舞いをするのではなく、一番に『好きな人』のことを思って、1人1人が素敵なファンでいたいですね。

 

イモトさんが今までロケした中で『安室ちゃん愛』を熱く語っているイモトさんをまとめたVTRを

安室さんが見て泣いている瞬間はこの2人の関係って素敵だなと思いついついもらい泣きしてしまいました。

 
(スポンサードリンク)

【感動】目の見えないゾウに美しいピアノ演奏を聴かせたら、感動的な反応をした!


タイのエレファント・ワールドに住むゾウのラムダン(黄色の花の木の意味)に
バッハの楽曲をピアノ演奏して聴かせた動画。

ラムダンは静かに音楽に聞き入り、身体を揺らします。
ゾウにも音楽がわかるのでしょうか?

(スポンサードリンク)


動画には「バッハの作品に揺れ動く巨大な美しい生き物が胸を打つ」

「ゾウはとても賢い動物だから音楽もわかるんだね」などの
コメントが寄せられています。

「裏庭のフェンスは、犬と少年が友情を育むのを止めることは出来なかった」という映像が世界中で話題に!

アメリカ・ミネソタ州のお宅の裏庭で撮影された映像。
裏庭のフェンス越しにボールを投げる2歳の少年。

すると、フェンスの向こう側から犬がボールを渡してきます。

映像を撮影したお父さんは、「最も単純な形で純粋な幸福」とコメントしています。

映像には「賢い犬だね!」「何回も見てしまった!」などのコメントが寄せられています。
(スポンサードリンク)


映像は世界中で拡散され、たった2日間で1,000万回以上再生されたといいます。とても癒される映像です^^

【話題】ミニーちゃんのキレのある反撃が話題に!!「たった2秒なのに無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」ミニーちゃん最高♪♪の声


ディズニーランドで撮影された映像。
ミニーちゃんが水鉄砲で素早い反撃をします。

たった2秒の動画なのにスゴイと話題です。

動画には「無駄のない動き!」「頼りになる彼女だ」などの声が寄せられています。
(スポンサードリンク)


本当にとてもキレのある動き。頼りになる彼女ですね^^

約90年前の京都の音声付き映像がすごい!クリアな音声で、まるで昨日のことのような臨場感!

こちらは、初期のサウンドカメラで撮影されたという1929年の京都の映像。

クリアな音声で、当時の様子が臨場感たっぷりで堪能できます。

 

動画には「時間の重みに感動する」「とても素敵なビデオだ」など、

海外からもコメントが寄せられています。

 

ここまでクリアな音質で録音されている映像は初めて観ました。

当時にタイムスリップした気持ちになれますね^^
(スポンサードリンク)

【戦争感動実話秘話】最強の日本兵と戦い勝利した敵兵の涙


元グルカ兵(ネパール人)の証言

我々は世界最強の傭兵だ。
第二次大戦で英軍の傭兵の時、マレー軍を3時間で撃破した。
インド軍は1日で降参させた。

だが、日本の正規軍との戦いは過酷で
一週間不眠不休で戦わされ、我々も半数以上が戦死した。
(スポンサードリンク)


 

これだけの死闘は初めてで、
勇敢な敵軍を尊敬したのはこの時だけだった。

玉砕した日本軍の所に行ってさらに驚いた。
日本軍は貧弱な武器なうえ食料も、
わずかな米しかなく、
日本軍の死体はみんなやせ細っていた。

戦友が死んだ時には泣かなかったが、
敵である死んだ日本人を見て皆泣いた。
(スポンサードリンク)

【涙腺崩壊】医師は11才の少年の遺体に深く敬礼。全世界が涙した理由とは・・・

いま世界中で報じられ、話題になっている一枚の写真があります。
手術室から運び出された11才の少年「リャン」くんの遺体に、医師たちが深々と頭を下げている冒頭の写真だ。

View post on imgur.com

リャン君は、9才の時に悪性の脳腫瘍と診断されガンと闘ってきただが、すでに助かる見込みがないほど悪化し最後の時を待つばかりとなっていた。死期の近づく中、6月6日に彼は最後の願いを口にした。
(スポンサードリンク)


その願いとは「自分の臓器を提供したい」だった。

写真は、リャン君の最後の願いを叶える臓器摘出手術を終えて運び出された、彼の『遺体と魂』に医師たちが最大限の敬意を持って、誰からともなく頭を下げている様子を写したものでした。

後日、彼の小学校の教師は取材に「教科書に掲載された物語を読んで、臓器提供のことを知ったんだろう」と語っています。リャン君の将来の夢は、医者になることだったという・・・。

臓器提供を待つドナーに対して、臓器提供者の数が圧倒的に不足している現実は世界的に変わらず、みなさんもご存知だろう。臓器提供に関しては提供者本人だけでなく、残された遺族の気持ちの問題も大きく簡単ではない。

写真の奥で泣いているのはリャン君の母親「李」さん。 リャン君の尊い行いとともに、彼の願いを叶えることを選択した彼のご家族の決断にも頭が下がる思いだ。
(スポンサードリンク)


正直に言えば、自分の子供がリャン君と同じ状況になったとしても、私はとてもその最後の願いを受け入れることはできないだろう。しかし、生前から家族とともに臓器提供の可能性について話し、理解を深めるそんな取り組みは初めてみようと思う。

人が変わるには、なにか「きっかけ」が必要なのだろうから…。

【W杯 サッカー特集】カズが「KING」と呼ばれる理由

Jリーグ初代MVPであり、常に日本サッカーを引っ張ってきた”KING・カズ”こと三浦知良。48歳でも現役で活躍している姿は精神的にも肉体的にも人間離れしています。
カズはなぜ48歳となった今でもまだ現役を続けていられるのか?そしてカズが”KING”と言われ続ける所以について少しでも核心に近づける様な記事があったので紹介。
(スポンサードリンク)


もともと”KING”と呼ばれるようになった理由は、ドーハの悲劇で知られるアメリカW杯・アジア最終予選(93年)、北朝鮮戦でゴールを決めたカズに対し、中東のメディアが大きな見出しで「KING KAZU」と報じたことからです。日本メディアもそれに乗っかって、カズの事を「キング・カズ」と言い出しました。

しかし、私たちがキングと呼び続けるのには、カズの生い立ちや言動、後ろ姿をみて最大の尊敬の意を評して呼んでいるところが大きい。そんな事を思い知らされる様なコラムです。

サッカー少年。
一人の少年が進路希望欄に書いたのは、「ブラジル」。ブラジルで、プロサッカー選手になることが、少年の夢だった。

担任の先生は、激怒して職員室から追い出した。

サッカー部の先生には、「99%無理」と言われた。

少年は、「1%あるんですね?なら、僕はその1%にかけます。」と答えた。

少年は、15歳でブラジルに旅立った。

ブラジルのユースチームで、こんなことがあった。

少年がサッカーの格好をしているだけで、周りの人間は彼を笑った。

サッカーが下手くそなのは、代名詞のように「日本人」だと言われた。

だが、その少年は死に物狂いに練習を重ね、18歳でプロ契約を勝ち取った。

そして、ブラジルNo.1のサッカー雑誌の表示を飾った。

そして、青年は日本に帰国することを決意した。

次なる夢は、日本をワールドカップに連れて行くこと。

93年に開幕したJリーグ。

青年は、時代の寵児となった。

Jリーグの初代MVPは、青年の名前が刻まれた。

彼は、こう思っていた。
(スポンサードリンク)

思い切りサッカーをして、30歳過ぎたら頂点で引退しようと。

94年のアメリカ・ワールドカップ予選、エースとして参加した青年だったが、ドーハの悲劇と呼ばれる、ロスタイムの失点で、日本の初出場を逃した。

青年はその後、ワールドカップに行くための何かを掴むため、日本人で初めて、セリエAに移籍した。

そして、98年のフランス・ワールドカップ予選。

苦しみながら日本は、ワールドカップの出場を決めた。

気がつくと、彼は31歳になっていた。

彼のワールドカップ予選の総得点は、27になった。

だが、ワールドカップ本選の代表に、彼の名前は記されていなかった。

記者会見で、こう話した。

「日本代表としての誇りは、向こう(フランス)に置いてきた。」

その年、チームから戦力外通告を受けた。

彼は、一人考えた。

「誰も、自分の知らないところへ行きたい。」

そして、彼はクロアチアに行くことを決めた。

練習初日、彼の眼に一人の選手が映った。

その動きを見て、「売り出し中の若手かな?」と思った。

しかし、その選手は大ベテランの選手だった。

彼の名は、ゴラン・ユーリッチ。

クロアチアを代表する、名DFだ。

自分より年上の選手が、誰よりも懸命に、誰よりも誇らしくプレーしていた。
こんな質問をしてみた。

「どうして、そこまでやれるのか?」

ゴランは言った。

「サッカー選手とは、年齢に関係なく、常に成長するものだ。低落など存在しない。」

彼は思った。

「どこまでも、走り続けよう。」

2010年、彼はJリーグの最年長出場記録と最年長得点記録を更新した。

ブラジル、日本、クロアチア、オーストラリア。

様々な国でプレーし続け、夢を与え続ける彼に、日本人は尊敬を込めて、彼を「KING」と読んだ。

彼の名前は、三浦知良。

日本サッカーのパイオニアの名だ。

ある雑誌の企画で、ゴラン・ユーリッチから三浦知良に手紙が届けられた。

その中で、ゴランは、三浦知良に1番言いたかったことがあったという。

「日本のマスコミほどには、カズがフランスW杯に行かなかった理由を知らないけれど、その事実は聞いていた。

カズは「監督に呼ばれなかっただけだ」と言っていたけど、その取り乱さない、事態を真摯に受け入れる姿勢に感動したよ。

日本のW杯進出に大きく貢献したのはカズだっていうのに、それでもカズは、派手に抗議することもなかったんだよな。

男だよ。

それでこそ偉大なプレイヤーってもんだ。

ところでカズと俺はその後再びノゴメット(サッカー)のおかげで再会することになる。

今度はJリーグ。

俺は横浜F・マリノス、カズは京都にいたんだよな。

アウェーの京都戦では3-1で勝ったけど、1点を決めたのはカズだった。

カズ、これだけは言わせてくれ。

俺は日本に行ってはじめて、カズという名前が何を意味するのか、カズとはいったい何者なのかがわかったんだ。」引用元:涙が止まらない

心から尊敬します!!
私たちのアイドルであり、先生”KING・カズ”。
(スポンサードリンク)

「大迫半端ないって!」で話題の中西隆裕って○○〇に就職したの?

今なおサッカー界に残る伝説の名言「半端ないって」を残した中西隆裕さん!中西隆裕さんにとっては何が半端なかったのでしょうか?さらに現在中西隆裕さんは大手銀行に就職したと言われています、サッカーは引退してしまったのでしょうか?現在の姿に迫ります。

 

(スポンサードリンク)

 

高校サッカーで今なお語り継がれる男・中西隆裕!

第87回高校サッカー選手権の準々決勝で敗北した滝川第二高校のキャプテン・中西隆裕さんが今回スポットを当てたい相手です。まさに高校サッカー界に名を刻んだ選手でした。

中西隆裕 (なかにし たかひろ) ■プロフィール DF 滝川二高校3年(主将) 90年7月11日生まれ 177cm,68kg ■特徴 U-18JFA選抜のCB。対人プレーの強さ光るDFは同校主将も務める

中西隆裕さんが所属していた滝川第二高校は言わずと知れたサッカーの名門高ですが中西隆裕さんが準々決勝で対峙した鹿児島城西高校にはあの選手がいました。

日本代表・大迫勇也選手!
そうです、鹿児島城西高校には現日本代表で海外でプレーしている大迫勇也選手がいたのです。

高校時代から類希な才覚を発揮していた大迫勇也選手は中西隆裕さんに勝利した大会では得点王として10得点もあげていました。

(スポンサードリンク)

 

 

そんな大迫勇也選手引き入り鹿児島城西高校に負けた際のインタビューで中西隆裕さんが語った言葉が今でも伝説になっています。

中西隆裕が叫んだ!「半端ないって!」

中西隆裕さんが放った言葉は「大迫!半端ないって」と涙ながらに叫びました!半端ないのは大迫勇也選手の事だったんですね。

 

中西隆裕さんのこの言葉から大迫勇也選手はどれほど凄いんだと話題になり元々注目されてはいましたが宣伝効果はばっちりでしたね。

 

現在でも語り継がれるこの言葉を残した中西隆裕さんは現在何をしているのでしょうか?噂では大手銀行に就職したという事ですが。

中西隆裕の現在!中西隆裕は三井住友銀行に就職?

中西隆裕さんの残した「半端ないって」は現在Tシャツにもなっています!著作権は中西隆裕さんに入るのか気になる所ですね。

 

中西隆裕さんの半端ないってTシャツは人気がありすぎて品薄になる時もあるんだとか。

 

中西隆裕さんは高校卒業後は大学サッカーの名門・関西大学に進学して大学でもサッカーを続けていました。大学進学した時は「半端ないの人じゃない?」とかなりイジられたそうですね。

 

現在は大学も卒業してプロに進んでいてもおかしくはないですが何と現在の中西隆裕さんは銀行に就職していました。

 

噂ですが中西隆裕さんの勤めている銀行は「三井住友銀行」で三井住友銀行の岡山支店で働いていると言われています。

中西隆裕さんは銀行の中でも営業職に就いて現在も頑張っています!以前日本代表でに選ばれた大迫勇也選手に応援メッセージを送った事もありましたね。

 意外な“戦友”からのエールも届いた。滝川二高出身の中西隆裕さん(23=会社員)は第87回高校選手権準々決勝で大迫を擁する鹿児島城西に完敗。試合後のロッカールームで号泣しながら「大迫、半端ないって」と叫ぶ姿が話題を呼んだ。その動画のYou Tube再生回数は450万回を超え、一部ファンの間では、ちょっとした有名人。プロ入り後の大迫の活躍に注視しており「日本代表でも半端ないプレーを見せてほしいですね」と活躍を期待した。

中西隆裕さんは高校では名門の主将を務め大学も強豪にはいったにも関わらず何故サッカーをやめてしまったのでしょうか?最後に気になる引退理由を調べてみました。

中西隆裕がサッカーをやめた理由!プロのレベルではなかった?

中西隆裕さんはJFAU-18選抜にも選ばれた程の確かなサッカーの実力者でしたが何故プロに進まず銀行で就職する道を選んだのでしょうか?

 

中西隆裕さんは大学までサッカー1筋できました、しかし大学のトップチームでは中々出場機会に恵まれなかったといいます。

そんな折に真剣に自分の将来を考えた時にサッカーではなく就職してサラリーマンとして生きていく道を選んだと中西隆裕さんは語っていました。

中西隆裕さんは大学でサッカーをやりきったといっており、引退した事に悔いはない!と言っていました。

 

大学3年生の時にサッカー部から「サッカーを続けるのか?就職するのか?」と聞かれた時に中西隆裕さんは「就職します」と答えたと話しています。

 

大迫勇也選手と一緒に活躍する姿も見たかったですが仕方が無いですよね、中西隆裕さんのTシャツだけは大迫勇也選手と共に世界の舞台まで行っていました、中西隆裕さんも自分の放った言葉がここまでの影響が出るとは思わなかったでしょう。

まとめ:中西隆裕の現在は銀行員!最後は名言を動画でご覧下さい。

(スポンサードリンク)

【涙腺崩壊】夫は秘密を知っていた・・・


私には、夫に隠していることがあります。

それはとても大きな問題でとても重要なこと。

でもだからこそ、夫に申し訳のない気持ちと
打ち明けた時の反応を想像すると、どうしても
話せずにいました。

(スポンサードリンク)

夫とは、4年前に結婚。

大学時代にバイト先で知り合い、初めは
ただのバイト仲間でしたが、食事に行ったり
バイト先の交友関係などの相談をしている間に
お互い惹かれ合い、交際を開始。

私と夫は周囲からも「友達みたいに仲が良いね」
と言われる程常に笑いあっている仲良し夫婦です。

結婚して4年目の春・・・
私たちに待望の赤ちゃんが出来ました。

子供の様に喜んでくれた夫の為にも、
元気な赤ちゃんを産もうと日々の食事や
健康には一段と気を付けて生活をしていました。

夫は、毎日気を使って炊事洗濯を率先して
手伝ってくれ、少しでも時間があれば、私のお腹に
耳をあてて「早く出ておいで~」なんて赤ちゃんに話しかけていました。

しかし、そんな無邪気にはしゃいで喜んでくれる夫に、
隠し事が出来てしまったのです。

(スポンサードリンク)


いつまでも隠し通すわけにはいかないと思い、
全てを打ち明けようと「隠し事があるの」と
夫に切り出したのです。

すると夫は笑みを浮かべ「やっとか・・・」と
驚くことを語りだしたのです。

私は、この妊娠が初めてではなく、前回流産していました。

とても妊娠しづらい体質で、何度か夫と病院へ通い、
不妊治療を続け、やっと出来た待望の赤ちゃんだったのです。

そんな苦悩を共に歩んで来てくれた夫だっただけに
妊娠が発覚した時はすごく喜んでくれました。

そして、毎日お腹に耳をあてて話しかけ、
今か今かと赤ちゃんが生まれるのを心待ちにしていました。

でも実は、すでにその時には私は2回目の流産・・・

お腹の中の赤ちゃんはもう亡くなっていたんです。

申し訳なくて、辛くて夫にまた悲しい思いを
させると思うと、どうしてもいいだせないままでした。

言うタイミングを逃したこともありましたが、
このままだとずるずると日だけが経っていく。

「ちゃんと打ち明けなきゃ」
そう決心して夫に切り出しました。

「ねぇ、私あなたに隠し事があるの。」

「隠し事・・・やっとか。」

え?
意味深な事を言う夫に不思議そうな顔をする私・・・
夫は少し笑みを浮かべて話し始めました。

赤ちゃんの事だろ?
お前が自分で言い出すまで、タイミングもあるだろうから
黙ってたんだ。

ずっとお腹を触りながら、暗い顔をしているお前を知っていたよ。

「もしかしたら・・・」
そう思い、実は昨日俺一人で病院へ行ってきたんだ。

もっと早く気づいてやれなくて本当にごめんな。

「お前の気持ちが全部わかる」とは言わない。
流産した辛さや、体への負担は女性にしか分からないもんな。

そんな簡単に分かる!なんては言えないし、言わない。

でもな、二人の事だから何でも話して欲しいんだ。
これからは。

また、二人で頑張ろうよ。

大丈夫!きっとまた赤ちゃんは俺たちに会いに来てくれるから。

そう優しく微笑みながら話してくれた夫の
言葉を聞きながら、私はとめどなく溢れてくる
涙を拭いました。

あれから2年・・・
今私のお腹の中には、
愛してやまない双子の男の子の命が宿っています。
(スポンサードリンク)