【感動する話】交通事故で脳に重大な損傷で植物人間となった6歳の少年を救った、ある一匹の犬が起こした奇跡

アメリカ・ユタ州で生まれた、一つの奇跡。

カレブ・ハワードくんという、
6歳の少年がいました。

その少年は不幸にも交通事故に巻き込まれ、
何とか一命だけは取り留めたものの、
全身骨折に加え脳にも
重い損傷を負ってしまいます。
(スポンサードリンク)



 

意識不明の重体。
誰の呼びかけにも応じない植物人間状態と
なってしまい、医師からも家族からも
回復は絶望視されていました。

 

そんな時、意識のない
カレブ君の元に一つの出会いが、
生まれます。

 

カレブ君の両親に紹介された、一匹の犬。

 

「セラピードッグ」という、特別な訓練を
受けたカーネルという犬と出会ったのでした。

 

動くことも話すこともできないカレブ君。
誰の呼びかけにも応じないその状況を
何とか打開しようと、両親はカーネルに
望みを託すのでした。

 

セラピードッグのカーネルと出会ったカレブ君。
今まで、誰の声にも応じることはありませんでした。

(スポンサードリンク)



しかし、ここで、誰もが思いもよらなかった
奇跡が起こります。

なんと、カーネルを見た瞬間、今まで何一つ
挙動を見せなかったカレブ君の瞳が
カーネルを見るのでした。

 

カーネルが寄り添い続けていると、カレブ君は少しずつ
周囲の出来事に反応するようになります。

 

カーネルが触れるくらいの距離で一緒に寝ると、
カレブくんはカーネルを触ろうと一生懸命腕を
伸ばし、指を動かすのでした。

 

 

医師も予想も出来なかった、カーネルが起こした奇跡。

 

カーネルが寄り添い続けることで、カレブくんはどんどん生気を
宿していきます。

 

そしてついに・・・
カーネルの隣を、共に歩けるようになる日が
訪れるのでした。

 

カレブくんは、脳に重度な損傷を負ったり、
全身骨折となったりと、身体的に大きなダメージを
受けてしまいました。

 

しかしそれと同時に、あまりに過酷で厳しい状況に
心の内側の支えが折れて、回復をしようという
志すらをなくしてしまう事があるそうです。

 

そうした状況だったからこそ、
誰がどのような呼びかけをしても、
意思がなくなってしまいカレブくんは呼びかけに
反応しなかったのかもしれません。

 

しかし、そんなカレブくんの心にスッと
寄り添ったセラピードッグのカーネル。

 

「カーネルに触れたい」

 

驚くほど純粋なその想いがカレブくんに再び
体を動かすという強い意志を呼び起こしてくれたのでは
ないでしょうか。

 

カーネルが起こした奇跡の一部始終は、
こちらからご覧ください。

(スポンサードリンク)



出典元:Caleb’s Story