【涙腺崩壊】私は21才で未亡人になり、天使の母親になった。夫と子供との幸せそうな一枚の写真。しかしこの写真の後、幸せは無惨にも粉々に崩れた

一組の夫婦が出会って7年目を迎える年。

2人はお互いがまだ15歳と16歳の時、
高校対抗のアメフト大会で出会いました。

そのまま交際へと発展し3年後には結婚。
幸せな家庭を築きます。

 

しばらくして彼女のお腹の中に
赤ちゃんが授かりました。
(スポンサードリンク)



 

生まれた息子の名前はパーカー・リー。

幸せいっぱいな二人には、他にも家を購入したり、
家族を増やしたりなど、将来の夢がたくさんありました。

 

しかしその夢が脆くとも崩れ去る出来事が
起きてしまいます。

 

その出来事が起きたのは2014年9月20日。
引き金となったのは、一人の女性のとった
ある行動でした。

妻・デスティニーはその時のことを一年後に
Facebook上で明らかにし、思いを綴ったのです。

 


「一年前の今日、他の日と何ら変わらない日でした。
夫・コーレーが起きて仕事に行った後、
パーカーと私は家で一日中一緒に遊んでいました。

コーレーが一度仕事から戻って来て、息子と遊びながら
3人でお客さんとの打ち合わせの時まで時間を潰していました。

 

出かける準備ができた時、その数分後に、
全てが変わってしまうなんて思いもありませんでした。

私たちが一緒に夢見たことはもう一生叶う事はありません」

一緒に小さな家を買うこともできない。

パーカーを初めての散髪に連れて行ってあげることもできない。
学校の初登校にだって・・・

そして私は大切な家族ともう生きて逢うこともできない。

全てなくした・・・
こんなこと求めていなかった・・・

 

車は、夫が運転していて、後部席に座っていた息子は
楽しそうに「ミッキーマウス」のビデオを見ていました。

そして私たちは飲酒運転をしていた車に追突されました。
この日のこの時間の事ことは一生忘れることが出来ません。

 

「大丈夫だろう」と思った身勝手な人間の行動が、
後部座席にいた15ヶ月の息子を即死させた。

事故現場から私たち夫婦はヘリで病院まで運ばれて
その24時間後には、夫が亡くなった。

 

この女性は私の家族を崩壊させ、
救急隊員を精神的に痛めつけた。

 

その女性が新種運転をしたことで、私は21歳で
未亡人になり、天使の母親になった。

様々なニュースが飛び交った。息子の検視解剖の写真や、
それを復元した画像がおくられてきた。

21歳の女の子が見るべきものではありませんでした。

彼女は私の夢を壊し、この世のものとは思えないほどの
苦しみを味わさせられた・・・

 
(スポンサードリンク)



ある日、母親で妻のデスティニーはいなくなった。
あれ以来、私は自分を見つけなければならなかった。

自分にこんな力があるなんて思いもしませんでした。
多くの友人の祈りや支えがあったからこそ、
曽於力を見つけることが出来たのだと思う。

 

未亡人の集まりにも参加して、この苦しみを抱いている
のは私だけじゃないという事が分かりました。

 

辛かった・・・
私の家族のいない未来は、酔っぱらった身勝手な彼女を
誰かが止めていたら防げたはず。

あなただって誰かの命を救える!
友達や家族に飲酒運転は絶対にさせないで。

飲酒検問所の位置も共有しないで。
支援者になって、私と一緒にやめさせよう!

犠牲になるのは一人の命だって大きすぎる
飲酒運転は絶対に止めて!

 

 

彼女の訴えは現在、世界中から共感を呼び、
この投稿は今も尚シェアされ続けています。

 

飲酒運転をしていた女性も彼女の夫と息子同様に
事故で亡くなったそうです。

 

一度失った命はもう元には戻りません。
しかし、彼女は毎日懸命に最愛の人々を失った
悲しさと戦い続けています。

 

同じ悲しみを背負う、人が出来る限り現れないことを願って。

 

彼女の経験した悲しい体験を無駄にすることのないように、
このメッセージがより多くの人の元に届くことを願います。


(スポンサードリンク)