【泣ける実話】裁判官もこらえきれず涙‥息子が母親を殺した本当の理由

もう生きられへん。

此処で終わりやで・・・

京都市伏見区桂川河川敷で2006年2月1日に
無職片桐康晴被告が認知症の母親を殺害して
無理心中を図ったとみられる事件の
初公判が19日に行われた。

事件内容は認知症の母親の介護で
生活苦に陥り、母と相談の上で
殺害したというもの。
(スポンサードリンク)



片桐被告は母を殺害した後、
自分も自殺を図ったが
発見され一命を取り留めたとの事。

片桐被告は両親と3人暮らしだったが、
95年に父が死亡。

その頃から、母に認知症の症状が出始め、
一人で介護した。

母は05年4月ごろから昼夜が逆転。
徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。

片桐被告は休職してデイケアを利用したが
介護負担は軽減せず、9月に退職。

生活保護は、失業給付金などを理由に
認められなかった。

介護と両立する仕事は見つからず、
12月に失業保険の給付がストップ。

カードローンの借り出しも限度額に達し、
デイケア費やアパート代が払えなくなり、
06年1月31日に心中を決意した。

「最後の親孝行に」 片桐被告はこの日、
車椅子の母を連れて京都市内を観光し、
2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
「もう生きられへん。 此処で終わりやで。」

などと言うと、母は
「そうか、あかんか。
康晴、一緒やで」 と答えた。

片桐被告が 「すまんな」 と謝ると、
母は 「こっちに来い」 と呼び、
片桐被告が母の額にくっつけると、
母は 「康晴はわしの子や。 わしがやったる」 と言った。

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。

母の首を絞めて殺し、
自分も包丁で首を切って自殺を図った。

冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を
伸ばして上を向いていた。

肩を震わせ、 眼鏡を外して
右腕で涙をぬぐう場面もあった。

裁判では検察官が片桐被告が
献身的な介護の末に失職等を経て
追い詰められていく過程を供述。

殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度
母の子に生まれたい」 という供述も紹介。

目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、
刑務官も涙をこらえるように
まばたきするなど、法廷は静まり返った。
(スポンサードリンク)



裁判の中で片桐被告は、
「私の手は母を殺める
ための手だったのか」 と言葉を残した。

東尾裁判官は片桐被告に対し、
「尊い命を奪ったと言う結果は
取り返しのつかない重大だが
経緯や被害者の心情を思うと、
社会で生活し 自力で更生する
なかで冥福を祈らせる事が相当
被告人を懲役2年6ヵ月に処する…」

そして続いてこう言った
「この裁判確定の日から3年間 その刑の執行を猶予する」
殺人(承諾殺人)で異例の執行猶予つきの
判決を言い渡たされた。

そして被害者(お母さん)の心情に対し
「被害者は被告人に感謝こそすれ、
決して恨みなど抱いておらず
今後は幸せな人生を歩んで いける事を
望んでいるであろう と推察される」

判決の後、片桐被告に裁判長が
「絶対に自分で自分をあやめる 事の
ないようにお母さんの ためにも、
幸せに生きて ほしい」 と言われ、
片桐被告は深々と頭を下げ
「ありがとうございました」 と言った。

片桐被告に言い渡した後に東尾裁判官は
こう言葉を残した 「本件で裁かれるのは
被告人 だけではなく、 介護保険や
生活保護行政の在り方も 問われている。

こうして事件に発展した 以上は、
どう対応すべき だったかを
行政の関係者は 考え直す余地がある。」

生活保護

生活保護(せいかつほご)とは、
日本の生活保護法によって規定されている、
国や自治体が経済的に困窮する国民に対して、
健康で文化的な最低限度の生活を保障するため
保護費を支給する制度。

生活保護法第一条にあるように、
日本国憲法第二十五条に規定する理念に基き、
国が生活に困窮するすべての国民に対し、
その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、
その最低限度の生活を保障するとともに、
その自立を助長することを目的とする制度である。

母子の悲しい旅

2006年1月31日、
この日までに払わなくてはならないアパートの
家賃3万円はどこにもなかった。

手持ちの現金はわずか7000円ほど。
康晴は親族に相談することもなく、
自分たちに残された道は「死ぬこと」しかないと思った。

康晴は自宅アパートをきれいに掃除をして、
親族と大家宛ての遺書と印鑑をテーブルに置いた。

その間、康晴は何度も母親に
「明日で終わりなんやで」と話しかけている。

最後の食事はコンビニで買ってきたパンとジュース。

電気のブレーカを落とすと、
康晴はリュックサックに死ぬためのロープ、
出刃包丁、折りたたみナイフを詰めて、
車いすの母と2人アパートを出た。

2人が向かったのは、三条の繁華街だった。
康晴がどこに行きたいかと尋ねて、
母親が「人の多い賑やかなところがいいなあ」
と答えたからだった。

1人300円の運賃を払って淀駅から
京阪電車に乗り、三条京阪駅に着いた。

駅を出ると鴨川が流れている。
2人はしばらくこの川のそばで時間をつぶしている。

やがてにぎやかな新京極通りをに向かった。

この通りの入口にそば屋がある。

康晴がまだ子どもの頃、親子3人で
食事をしたことのある店だった。

しかし手持ちの金が多くないため、
食事はしなかった。

夜、母子は伏見にいた。

もう戻ることのできないアパートの近く、
桂川の河川敷。

次にどこへ行きたいかと聞かれて、

母親が「家の近くがええな」と言ったからである。

午後10時のことだった。

冷たい雨

2月1日。厳しい冷え込み。

康晴は車椅子の母に防寒具をかけてやった。

それから何時間か過ぎた。

「もうお金もない。もう生きられへんのやで。
これで終わりやで」

康晴は泣きながら目を覚ましたばかりの
母に語りかけた。

母親は「すまんな」「ごめんよ」と
泣きじゃくる息子の頭を撫で、
「泣かなくていい」と言った。

「そうか、もうアカンか、康晴。
一緒やで。お前と一緒やで」 

「こっち来い。こっち来い」

母に呼ばれた康晴が近づいたところ、額がぶつかった。

「康晴はわしの子や。わしの子やで。
(お前が死ねないのなら)わしがやったる」

その母の言葉に康晴は
「自分がやらなければ・・・・」と思った。

そして意を決し、車いすのうしろに
まわってタオルで母親の首を絞めた。

絞め続けた後、苦しませたくないために
首をナイフで切った。

康晴は遺体に毛布をかけた後、
包丁と折りたたみナイフで自分の首、
腕、腹を切りつけ、近くにあった
クスノキの枝にロープをかけ首を吊ろうとしたが失敗した。

「土に帰りたい」と走り書きしたノートの
入ったリュックサックを抱いて、
冷たい雨の降るなか虚ろな表情で佇んでいた。

通行人によって2人が発見されるのは
午前8時ごろのことである。

引用:http://yabusaka.moo.jp/fushimi.htm
(スポンサードリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする