【感動する話】 エア・カナダ機で起きた空調トラブル。貨物室で苦しむ一匹の犬のため、機長の取った判断が世界中から絶賛される

イスラエルからカナダに向かっていたエア・カナダの旅客機が、貨物室に預けられていた犬を救うために行き先を変更。ドイツに緊急着陸する出来事があり、話題となっています。
(スポンサードリンク)




貨物室の暖房装置に問題が発生

エア・カナダ85便はイスラエルのテルアビブからカナダのトロントに向かう途中、貨物室の暖房装置に問題が発生。貨物室には、乗客のジャーマン・コントロビッチさんが預けた7歳のオスのフレンチブルドッグ犬「シンバ」(上記画像はイメージです)がいました。

暖房装置のトラブルを知った機長は犬の安全を気遣い、「この高度では極めて不快度が高く、そのまま飛行を続ければ生命が脅かされる恐れもある」と判断したといいます(エア・カナダ広報談)。

機長の判断により同機は行き先を急遽変更し、ドイツ・フランクフルトの空港に着陸しました。シンバは別の便に乗り換え、85便には約75分の遅れが生じたとのこと。

乗客の多くが好意的な反応

犬が危険にさらされる恐れがあり、行き先の変更によって安全が確保されたことを知らされた乗客らの多くが、「正しい判断だった」と語るなど概ね好意的な反応だったそうです。
(スポンサードリンク)



この件に対して寄せられていた声

出典:twitter.com

飼い主のコントロビッチさんは「この犬は自分の子どもみたいなもの」と話し、機長には感謝の意を示しているそうです。機長の判断もそうですし、遅延にも関わらず何よりも犬の無事に安堵した乗客たちの声といい、素晴らしいですね!本当に命が助かって良かったと思います。
(スポンサードリンク)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする