【涙腺崩壊】同じ日、同じベッドで死を迎えた老夫婦〜永遠に変わらない愛情〜

75年間ずっと一緒に生きてきた老夫婦が、
同じ日に死を迎えました。

カリフォルニア州に住む、妻のジャネットさん(96才)と
、夫のアレクサンダーさん(95才)。

二人の出会いは、8歳の頃でした。

お互い友達として出会い、
友情も恋も芽生えていきました。

やがて、二人は1940年に結婚し、
5人の子供に恵まれます。


(スポンサードリンク)

アレクサンダーさんが第2次世界大戦に参戦したとき以外、
二人が離れていたことは一度もなかったそうです。

それに、アレクサンダーさんはいつも、
ジャネットさんの写真を持ち歩いているほど、
妻をとても愛している夫でした。

しかしある日、
アレクサンダーさんが転んでしまったときに、
大腿骨を骨折。

そのまま起き上がれなくなってしまったのです。

それ以来、健康は悪化していくばかり…。
ジャネットさんは覚悟を決めていたのかもしれません。

二人は、この言葉をよく話していたそうです。

「同じベッドの上、お互いの腕の中で手を組んで死にたい。」

(スポンサードリンク)


その願い通り、二人は同じベッドで一緒に死を迎えました。

先に旅立ったのは、アレクサンダーさんでした。

娘のエイミーが、お父さんが亡くなったことを伝えると、
ジャネットさんは夫へこう話したそうです。

『あなたが望んでいた願いが叶いましたね、
私の腕の中で死ぬこと。本当に愛してるわ。
少しだけ待ってて、すぐ行くわ。』

エイミーは、母と父がお別れを言う時間だと思い、
席を外したそうです。

その後、一日が立つ前に、
ジャネットさんも夫と向かい合ったまま、
亡くなりました。お互いの願いが叶った二人。

「一生の間、二人で一つの心臓を持っているかのように、
一心同体でした。」とエイミーは話しました。

同じ日に、同じベッドの上で。

二人の姿にホスピスの看護師さんも、本当に信じられないことが起きたと驚いていたそうです。

8歳からの出会い、最後まで変わらなかったお互いへの愛情。映画のような二人の美しい人生に、とても感動させられます。きっと天国でも、お互い見つめ合いながら微笑んでいるような気がします。

出典Couple married 75 years dies in each other’s arms