【涙腺崩壊】ダウン症の娘が結婚式を挙げる日、父親が渡した手紙に心打たれる

ダウン症を持つ25歳の女性、ジリアンさん。彼女には、10年間ずっと交際してきたボーイフレンドのライアンさんがいます。二人ともダウン症を持っていますが、お互いの愛情は日々深くなるばかり。


(スポンサードリンク)

そうして、2015年6月27日に二人は結婚式を挙げることになります。

結婚式の日、ジリアンさんの父親であるポール・ドアティさんは娘へ心を込めた手紙を渡しました。

結婚式が始まる2時間前に書かれたこの手紙からは、ジリアンさんを育てながら感じた不安や心配、そして娘を想う父親の愛情が真っ直ぐ伝わってきます。

 

Dear Jillian(ジリアンへ。)

2015年6月27日、あなたの結婚式の日。 あなたはあと2時間で人生最良の日を迎えるでしょう。どれだけのダウン症の女性が、愛する人と結ばれているのか私にはわからないけど、君は今日その瞬間を迎えられます。

あなたは今、お母さんとブライズメイドと最後の支度をしています。 あなたの髪は綺麗にカールし、あなたが「キラキラ」と呼ぶその美しいドレスは、窓から降り注ぐ午後の日差しを受けてとても素敵です。そしてあなたのメイク、特にその真っ赤な口紅! 成長するにつれ、君がどんどんキレイになっていることを実感しています。あなたの笑顔はずっとずっと輝いています。

希望と夢が胸に迫る、この素晴らしい瞬間のために生きているような気持ちです。私の夢が現実となり、あなたは幸せになれる。それをこの窓の下で実感しています。あなたが生まれてから、あなたの学歴を心配したことはありませんでした。 先生とも仲間とも、良い関係を築くことができると信じていたからです。

私たちが出来なかったことと言えば、あなたを受け入れ、一緒に遊ぶ仲間を見つけてあげられなかったことです。お泊り会、友達のいない誕生日会など…。イベントがない君の生活について悩んでいました。

そして、12歳になったあなたが「私には友達がいない」と言った晩、私はひどく泣いてしまいました。
(スポンサードリンク)


 

世界中の親が子供の健康と幸せ、毎日を楽しく過ごせることを願っています。 これは当然のことなのに、私はあなたのことが心配でたまりませんでした。

でも心配することはなかった。 思い返してみれば、あなたは自然に人々と触れ合うようになり、小学校ではリーダーシップを発揮し、みんなに「市長!」と呼ばれていました。高校ではダンスのジュニア代表チームで踊ったし、大学にも4年間通い、多くの人と知り合いました。

みんなが「あなたには無理」と言ったことを覚えていますか? 自転車には乗れない、スポーツも無理、大学にも行けないだろうし、結婚なんてありえない…でもあなたは全部経験しているのです。

フィアンセのライアンには、いつでも優しくありなさい。とは言っても、あなたは既に素晴らしい女性です。この10年間そうしてきたように、これからもお互いを尊敬し合いながら仲良く生きていきなさい。

10年前、スーツを着た青年(ライアン)が「娘さんをパーティーに連れて行きたい」とやってきたとき、私の長年の不安は吹き飛びました。

今、あなたとライアンは困難な道を歩み始めます。これは新たなチャレンジになりますが、あなたのことですから、みんなを幸せにすることができるあなたですから、幸せはすぐにやってきます。

準備も終わり、ドアが開きました。 新たな世界に踏み出す私のかわいい娘。 一瞬にして胸がいっぱいになり「きれいだよ」と伝えるのが精いっぱいです。

ジリアンは「ありがとう」のあと「私はずっとあなたの娘よ」と言いました。

「ああ、そうさ」と私は答えました。 さあ、行こう。
(スポンサードリンク)

「この子は何もできない」周囲からそう言われてきたジリアンさん。しかし、彼女にできないことは何一つありません。

親が我が子を想う、計り知れないほどの愛情が感じられる彼の手紙に、たくさんの人が感動させられました。ポールさんの願い通り、ジリアンさんとライアンさんがこれからも幸せに暮らせることを願います。