故.赤塚不二夫の告別式で白紙を読み上げたタモリの伝説の弔辞 

故.赤塚不二夫の告別式で

「私もあなたの数多くの作品の一つです」

との弔辞を読み上げた。

この弔辞は7分56秒にも及ぶものであり、手にしていた紙を何度も見ながら時折涙声で読んでいたが、

実際にはその紙は全くの「白紙」で、何も書いていなかったとの報道が一部でなされた。
(スポンサードリンク)

その伝説の弔辞をご覧下さい↓↓↓

(スポンサードリンク)