日本では母親のことを「おかあさん」と呼ぶ理由

突然ですが、なぜ日本人は「母親」のことを「おかあさん」、「父親」のことを
「おとうさん」と呼ぶのでしょうか?

 

そこにはちゃんと意味があって、理由があります。

もちろんその始まりは過去のこと。

大昔のことだから本当に正しいかどうかなんて誰にもわかりません。

(スポンサードリンク)

なぜ「おかあさん」「おとうさん」と呼ぶかについてもそう。

「日本人」ってどんな人?という質問についてもそう。

「日本に住んでる人」と答えることが多いかもしれませんが、「じゃあ日本て何?」と聞かれた時にどれだけ説明できるでしょうか。

 

海外では「ジャパン」と呼ばれている国をなぜ日本人は「ニホン(ニッポン)」と呼ぶのでしょうか?その質問に答えらえるでしょうか。

 

正解じゃなくてもいいから、親や教育者、保育者が「一つの解答例」を示してあげることで、子どもが「考える力」を養うきっかけになり成長していくはずです。

 

そのためにはまず、親や教育者、保育者自身が考え、「こういう考え方もあるんだよ」ということを示してあげることが大切なんじゃないでしょうか?

 

それではなぜ、母親のことを「お母さん」と呼ぶのか?

 

それは、
日本人は古代から、太陽を信仰する民だった。
天照大神は、太陽の神様だ。
日本の国旗は日の丸。太陽を表している。

昔々、日本の古代人は、太陽のことを、「カッカッ」と呼んだそうだ。
それが、「カアカア」になり「カカ」になった。

母親のことを、
「カカさま」というけど、あれは、ここからきていると言う。

つまり、
母親というのは、ぼくたちに命を授けてくれた太陽のような存在なんだという意味だ。
すごいね。
なるほどだね。

ここから、「おかあさん」というのはきたということだ。

子どもは、
太陽に手を合わせるような気持ちで「おかあさん」と呼ぶわけだ。

(スポンサードリンク)

ちなみに、なぜ父親のことを「お父さん」と呼ぶのか。

「おとうさん」は昔、「とうと」と呼ばれていたそう。

昔の女性たちは思いました。

夫は、自分や子どものために一生懸命外へ働きに出て、

生活の糧を持ってきてくれる。今で言えばお金ですね。

 

 

そして、悪い奴ら乱暴な奴らが来ると立ち向かって追い払ってくれる存在。

「あぁ、夫はなんて尊(とうと)い存在なんだろう」と。

その「尊(とうと)」から、夫のことを「とうと」と呼ぶようになったそうです。

 

 

古い時代をテーマにした映画の中で父親を「トト」とか「トトさま」と呼ぶのはその名残り。

そして時代が少し変わり、「おとさん」や「おっとさん」と呼ぶようになり、今の「おとうさん」へと続いてきた。らしい。

 

ここで出てくる「と」はすべて「尊い」と意味なんですね。

家族のために毎日頑張ってくれる「おとうさん」、

怖いこと大変なことから守ってくれる「おとうさん」、

そんな頼りになる存在である「おとうさん」を敬う気持ちが含まれていたんです。

 

そういう意味があるってことを知るだけで、言葉に込める気持ちが変わってくるんじゃないでしょうか。

もちろん、過去のことだから本当のことはわからない。いあわゆる「諸説あります」ってやつです。
(スポンサードリンク)